出版物のご案内 :: 山形大学出版会
5/7

勢は,1974年に制定された国土利用計画法が定める国土利用計画に反映されている。同法は,高度経済成長期における国土の乱開発と地価高騰を背景に制定され,国土総合開発法よりも全国の土地利用に直結する方向性を示す。国土利用計画が全国計画,都道府県計画,市町村計画で構成されるのも,内務省時代からの流れを汲むものであるが,全国計画からのトップダウン型の構造は内務省時代のそれと逆行する。また,国土利用計画法で都道府県が定めるとされる土地利用基本計画は,都市地域,農業地域,森林地域,自然公園地域,自然保全地域を定め,各地域の土地利用に対する個別規制法が各種基本計画を規定する(図1)。「都市地域」を例にとると,それは都市計画法によって規定され,都市計画マスタープランが策定される。さらに,建築基準法,土地区画整理法,都市再開発法等の下位法によっ1総合計画を取り巻く状況1220082008図1 国土利用計画法と国土形成計画の法体系valuation use onlyon use only evalualy evaluation use luation use only e use only evaluatio

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です