出版物のご案内 :: 山形大学出版会
2/10

目 次第一章 江戸と海坂と 藤沢周平文学周遊 一   藤沢周平と俳誌『海坂』作家へと続くゆるやかな道………8 二   用心棒日月抄主人公に試練 人気の展開………11 三   孤剣 用心棒日月抄主人公 作者の分身………………13 四   刺客 用心棒日月抄江戸に自由と孤独…………………16 五   凶刃 用心棒日月抄旬の食 故郷の記憶………………19 六   蟬しぐれ郷愁誘う原風景……………………21 七   義民が駆ける底流に農への愛……………………23 八   三屋清左衛門残日録老い尊ぶ社会に……………………25 九   たそがれ清兵衛 など時代劇で現代描く…………………27 十   春秋山伏記方言に暮らし凝縮…………………29 十一  山桜自分貫く女性たち…………………31 十二  切腹意固地な男の友情…………………33 十三  秘太刀馬の骨仕事か家庭か苦悩…………………35 十四  密謀心躍る、忍びの暗闘………………37 十五  風の果て人生とは何か追求…………………39 十六  漆の実のみのる国民思う鷹山の奮闘…………………41ation use only eva use only evaluationvaluation use only ion use only evalue only evaluation luation use only ev u

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です