出版物のご案内 :: 山形大学出版会
3/10

 十七  一茶俳人の人生に共感…………………43 十八  雪明かり「世間」から踏み出す愛…………45 十九  半生の記作家誕生への経緯…………………47 二十  榎屋敷宵の春月妻の心情を象徴……………………49 二十一 鷦鷯冬の先に輝く春……………………51 二十二 玄鳥橋で青春に別れ……………………53 二十三 三ノ丸広場下城どき中年の再生物語……………………55 二十四 回天の門「策士」を再評価…………………57 二十五 夢ぞ見し「幸福」は日常に…………………59 二十六 ふるさとへ廻る六部は ほか村の変化に焦燥……………………61 二十七 橋ものがたり人々の哀歓描く……………………63 二十八 彫師伊之助捕物覚えシリーズ江戸版の探偵物語…………………65 二十九 彫師伊之助捕物覚えシリーズ(続)ハードボイルドにふさわしい文体…67 三十  彫師伊之助捕物覚えシリーズ(続々)江戸の風景を活写…………………69 三十一 冤罪武士捨て農を選ぶ…………………73 三十二 小川の辺結末へ巧みな伏線…………………75 三十三 花のあと心身強靱な女性を造形……………77 三十四 海鳴り人が老いを意識したとき…………79 三十五 驟り雨雨の夜、浮き彫りになる人間模様……81ation use only eva use only evaluationvaluation use only ion use only evalue only evaluation luation use only ev u

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です