出版物のご案内 :: 山形大学出版会
25/32

23………ています。なお社会的企業の組織形態としては、株式会社、NPO(民間非営利団体) 、協同組合など多様なスタイルが想定されています。①社会性:現在解決が求められる社会的課題に取り組むことを事業活動のミッション[目標]とすること。②事業性:①のミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと。③革新性:新しい社会的商品・サービスや、それを提供するための仕組みを開発したり、活用したりすること。また、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出すること。 上記の3つの要件の中で特に重視すべきなのは「事業性」要件です。少子高齢化や地域の雇用問題の解決など社会問題は多様化していますが、従来このような問題に対応してきたボランティア団体や慈善活動は参加者の自発性に依存しており、活動の持続性が最大の課題となっていました。こういった活動を一過性のものに終わらせず持続的なものとしていくためには、企業経営的な思考や手法を用いて一定の採算を確保する必要があります。このように社会問題を解決するための持続的活動を行いうる組織として、社会的企業への期待が高まっているのです。(3)被災地支援を行う社会的企業の特色 震災直後の被災地では、インフラの復旧や物資の供給など、行政やボランティアを中心とする迅速な対応が求められていましたが、復興段階へ移行するにつれて、多様化する被災地の社会課題の解決や、中長期的な被災地の復興に対する支援のニーズが高まりつつあります。このような状況下で、社会問題を企業経営の手法を用いて解決する社会的企業は、被災地の復興、自立化へ貢献することが期待されています。ここでは、被災地で活動する社会的企業の具体例を取り上げ、どのような方法で復興へ貢献しているのかを見てみます(以下の事例は、経済産業省『ソーシャルビジネス・ケースブック(震災復興版)』(2012)から取り上げています)。evaluation use only ese only evaluation usaluation use only eva only evaluation use oation use only evalua

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です