出版物のご案内 :: 山形大学出版会
3/6

38-1.社会的スキルの調査結果………………………448-2.社会的自己制御尺度について…………………469.アンケート調査のまとめ………………………………46Ⅳ.有識者に対するヒアリング調査………………………………481.有識者ヒアリングの概要と結果………………………482.有識者ヒアリング結果のまとめと考察………………52第4章 不祥事の発生原因の考察…………………………………………53Ⅰ.地域的要因………………………………………………………53Ⅱ.時代背景的要因…………………………………………………541.30~40年前の状況と現在の比較……………………552.急激な文化の変動………………………………………56Ⅲ.医学的要因………………………………………………………571.検挙人員中の精神障害者の比率………………………572.大学生の精神障害者……………………………………57Ⅳ.心理学的要因……………………………………………………581.規範・道徳性に関係する主な理論と社会性の発達…581-1.規範・道徳性に関係する主な理論……………581-2.社会性の発達……………………………………622.不祥事を起こした学生の規範意識と発達段階との関係……643.複合的要因………………………………………………653-1.円環的因果律……………………………………653-2.社会性の成長を妨げるような育て方…………65Ⅴ.なぜ山形大学なのか/なぜ平成24年度なのか……………67第5章 今後の対策…………………………………………………………70Ⅰ.予防的な取り組みの強化………………………………………701.一次予防・二次予防・三次予防の枠組み………………702.発達課題の克服…………………………………………713.社会性向上を目指す授業の実施………………………723-1.社会性発達の教育に必要な4つの視点………723-2.二極化ではなく多様化…………………………743-3.社会性向上を目指す授業の類型………………754.学生生活における社会規範の啓発・教育・介入……765.授業や研究指導における社会規範の浸透……………776.支援・相談体制の充実化………………………………78Ⅱ.社会性向上を目指す授業の事例………………………………791.参加・体験・実践型の授業……………………………792.キャリア教育……………………………………………803.導入教育に社会性向上を組み込んだ授業……………82Ⅲ.大学における社会性向上の取り組みの必要性………………831.質の高い教育の実現のため……………………………832.大学ならではの特徴を生かす…………………………833.産業界との関わり………………………………………84Ⅳ.対策の効果と限界………………………………………………85おわりに………………………………………………………………………87参考文献………………………………………………………………………88evaluation use only ev valuation use only evaaluation use only evalaluation use only evaluluation use only evaluauation use only evalua

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です