出版物のご案内 :: 山形大学出版会
5/6

11脳を知るてしまい、生命の危機になります。 さらに脳は役割が場所によって異なります。運動の場所、感覚の場所など役割の地図が描けるのです。まだまだ脳の部位によってはその役割が分かっていない部位もあるくらいです。このほかにも多くの特徴があります。しかし、20世紀後半から、脳の基礎学問や病院での研究(臨床研究)の成果で診断、治療は大きく発展しました。 今回、山形新聞社と山形大学医学部は共同で、「脳を知る」をテーマに、脳に起きる病気を読者の皆さまに理解しやすいように解説します。いまだ脳の病気になれば、再起不能と思われてはいますが、日本野球界の大スターの長嶋茂雄さんは重症な脳卒中にかかっても、国民に元気を与える活動ができるまで回復されています。全例ではありませんが、長嶋茂雄さんのように重い脳卒中にかかっても、適切な診断のもと、適切な治療をすれば社会復帰可能であることをご理解いただくのが今回の「脳を知る」の目的です。読者の健康にお役に立てれば幸いです。evaluation use only ese only evaluation usaluation use only eva only evaluation use oation use only evalua

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です