出版物のご案内 :: 山形大学出版会
4/6

4ゆるい森歩き、はじめませんか 小山 浩正無機質な子供だった自分 私は山形大学農学部で森林生態学という分野を担当し、森の仕組みや成り立ちについて講義や研究をしています。世間一般からみると、森と自然の専門家ということになるのでしょう。「なぜ今年のブナは実がならないのか?」「そうするとクマは出てきますか?」などと取材を受けたり、森林の管理の仕方を議論する委員会に呼ばれたりするわけです。 しかし、私自身はいつもこの「専門家」という立場にお尻のムズがゆさを感じてきました。それは正統派ナチュラリストたちに対するコンプレックスから来ているのだと思います。森や自然に関する彼らの著書を読むと、多くが子供時代に野山の草花や虫を追いかけて過ごしていたのがわかります。フィールドワークを生なり業わいとしevaluation use only ese only evaluation usaluation use only eva only evaluation use oation use only evalua

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です