出版物のご案内 :: 山形大学出版会
5/6

5はじめにていなくとも、子供の頃にどっぷり自然に浸かった経験をみずみずしく語る科学者も多くいます。解剖学者の養老孟司さんや生物学者の福岡伸一さんなどはその典型でしょう。 私自身は、鬱うっ蒼そうとした自然に囲まれて育ったワケでもないためか、生き物を深く探求した記憶がありません。人並みにはカブトムシやセミ捕りに興じたし、ザリガニやカエル釣りに熱中したこともあります。ただ、それらを飽きるまで細部にわたり観察したか、夜更けまで図鑑を食い入るように読み続けたかというと、必ずしもそうでもない。養老さんや福岡さんと比べれば自然や生き物から遠い「無機質な子供」だったように思います。この点で、根本的な原体験の欠落があるような、後ろめたさを感じるのです。evaluation use only ese only evaluation usaluation use only eva only evaluation use oation use only evalua

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です