ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
100/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている100ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

コースカリキュラム数学コース自然科学の基盤である微分積分と線形代数を学び、その上で、代数学、幾何学、解析学、応用数学の基礎理論と方法を学ぶ。「読み書きそろばん」という言葉にあるように、読み書きを伴って数を正しく扱うことはとても大切なことです。数学は、諸科学にとって必要不可欠な言語と認識されており、数学としての発展そして他分野への応用が絶えず展開されています。正に、現代の学術、産業を支える学問分野とも言えます。本コースでは、代数学、幾何学、解析学、応用数学について学びます。数学的思考力を磨き、更に高度な専門力を身につけることが求められます。■担当教員一覧奥間智弘教授(複素特異点論)佐野隆志教授(作用素環論と作用素論)中村誠教授(関数方程式論)石渡聡准教授(離散幾何解析学)内山敦准教授(作用素論・関数解析)塩見大輔准教授(代数的整数論)西岡斉治准教授(差分代数)深澤知准教授(射影代数幾何学)福田素久准教授(量子情報理論)松田浩准教授(3次元多様体論と結び目理論)上野慶介講師(大域解析学)■担当教員紹介石渡聡准教授|離散幾何解析学私が研究する離散幾何解析学は、データサイエンスの発達とともに現代数学の重要な位置を占めており、今後も発展の期待できる分野です。学生の皆さんは目先の利益、周囲の声に惑わされずに自分の心の声を聞いて、面白そうだな、やってみたいな、と思う道を選んでほしいと思います。■Student’s Voice木村朋花3年秋田県立秋田中央高等学校出身解決できた時の喜び。専門的な能力を習得。全員でチャレンジし高度な知識や1つの問題に数学の有用性を感じ幾何学基礎の授業では、曲面のパラメータ表示を求め、そこから曲面の面積や曲率・空間曲線の捩率を求めていきます。高校までの知識や、大学の講義で習った高度な知識と専門的な能力をフル活用して解いていくので、粘り強さや気力・集中力はもちろん、基礎的な計算力も養われます。■数学コースカリキュラム数理統計入門微分積分Ⅱ微分積分演習集合と位相Ⅱ集合と位相演習代数入門2年次3年次4年次代数学A代数学B代数学C代数学D幾何学A幾何学B幾何学C幾何学D理学専門科目解析学A解析学B確率論A確率論B数学文献講読A数学特講A数学特講B数学特講C数学特講D数学文献講読A数学文献講読B数学特講A数学特講B数学特講C数学特講D■担当教員の主な研究分野代数学分野様々な数学を学ぶうえで基礎的な位置を占める「線形代数」について学びます。続いて「群論」と「環論」および「体論」では、群、環、体、加群という基本的な代数構造について、具体例や諸性質を学びます。98解析学分野「一変数の微分積分」と「多変数の微分積分」を学びます。実変数の関数と比較して、「複素解析・関数論」では複素変数の関数を扱います。また「ルベーグ積分」や「確率論」についても学びます。幾何学分野「位相空間論」では、距離、位相、開集合、連続性、コンパクト性など微積分で扱った事柄を抽象的に学びます。「曲線論・曲面論」と「トポロジー」では曲線や曲面の解析的または位相的な扱い方を学びます。