ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
101/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている101ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

物理学コース自然現象を統一的に理解するための基礎及び専門的な知識を習得し、素粒子・宇宙・物性物理を学ぶ。原子・電子のミクロの世界から宇宙におよぶ広大な範囲をつかさどる自然の基本法則を解明するのが物理学です。本コースでは、物理学を順序良く基礎的なことから学びます。洗練された講義科目に加え、実験科目や演習科目などで講義の内容を確認しながら学修をすすめます。主な授業科目は、物理学に必要な数学、力学、電磁気学、量子力学、熱力学、相対性理論などです。これらをもとにして、素粒子や宇宙の構造、物質の性質を理解します。■担当教員一覧岩田高広教授(素粒子原子核物理学〈実験〉)梅林豊治教授(天体物理学〈理論〉)大西彰正教授(物性物理学〈実験〉)北浦守教授(光物性物理学〈実験〉)郡司修一教授(宇宙物理学〈実験〉)柴田晋平教授(宇宙物理学〈理論〉)門叶冬樹教授(宇宙・原子核物理学〈実験〉)富田憲一教授(物性物理学〈理論〉)吉田浩司教授(素粒子原子核物理学〈実験〉)衛藤稔准教授(素粒子物理学〈理論〉)滝沢元和准教授(宇宙物理学〈理論〉)中森健之准教授(高エネルギー天文学〈実験〉)宮地義之准教授(素粒子原子核物理学〈実験〉)田島靖久准教授(素粒子原子核物理学〈実験〉)安東秀峰助教(物理化学〈理論〉)■担当教員紹介北浦守教授|光物性物理学■Student’s Voice八木橋亨4年福島県立大沼高等学校出身から学ぶ新しい視点。物事の見方やルール物性物理学では、固体物性ならではの物事の見方やルールなど、新しい視点や基礎知識を学びました。大学で得た力学や量子力学などの知識が活かされているので、理解し難い内容ではありません。物理を学ぶ学生にはとても面白く興味深い学問だと思います。制御すること。物性の本質に迫り物質の物理的性質(物性)は電子や結晶格子の構造と密接に関わっています。私の研究室では光を使って物質の電子構造と格子構造が物性に及ぼす影響を調べています。最近では固体素子の研究開発など応用につながる研究も行っています。不思議なことを不思議と思える学生と一緒に学べるといいですね。課題は、固体物性ならではの人文社会科学部地域教育文化学部理学部医学部工学部■物理学コースカリキュラム農学部物理学実験Ⅰ力学Ⅱ力学演習Ⅱ電磁気学Ⅱ電磁気学演習Ⅱ量子力学Ⅰ量子力学演習Ⅰ2年次3年次4年次物理学実験Ⅱ量子力学Ⅱ量子力学Ⅲ量子力学演習Ⅱ熱・統計力学Ⅰ熱・統計力学Ⅱ熱・統計力学演習物理数学理学専門科目連続体力学放射線物理学電磁気学・相対論現代天文学入門物性物理学素粒子原子核入門物理学セミナー物理学文献講読A物理学文献講読A物理学文献講読B物理学特講A物理学特講B物理学特講C物理学特講D■担当教員の主な研究分野宇宙物理学分野地上では想像もつかない高エネルギー現象が宇宙では起こっています。その仕組みを解明するため理論的及び実験的な研究を行っています。またそこで得られた知見を基に様々な分野への応用的研究も行っています。素粒子物理学分野実験系は陽子構造を決めるクォーク間の力・CP対称性を破る力の性質について、理論系は標準模型を超える物理(余剰次元・統一理論・超対称性・ソリトン・初期宇宙・物性への応用)に関する研究を主に行っています。物性物理学分野物性物理学分野では、結晶格子と電子が織りなす物性変化の起源を理論と実験から解明し、物理的普遍性や物性制御の方法論を考えて、次世代の科学技術の基礎となる学理を探求しています。Yamagata University 99