ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
112/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている112ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

■Student’s Voice専門性が高く先進的な医療に関わりたい。鈴木啓王5年山形県立山形東高等学校出身生命科学に興味があり、人の役に立つ専門的な知識や技術を身につけたいと思い、医学部を志望しました。これは医学部だからこそ実感が強いのかもしれませんが、大学で学ぶすべてが将来の仕事に直結しているので、学びに無駄がなく、どんなことにも意欲を持って取り組むことができます。医学には未開拓の領域が多いため、新たな発見や発明を成すチャンスが多いようにも感じています。将来は救急医や麻酔科医になり、臨床の現場で働きたいという夢があります。どちらかといえば、専門性が高く先進的な医療に関わっていきたいと考えています。■医学科の特色スチューデント・ドクター(Student Doctor)として山形県広域連携臨床実習へ。臨床実習教育を重視する医学科では、基礎知識を習得した医学生は「StudentDoctor」として臨床実習に臨み、診療チームに参加します。山形県全体(地域の中核病院が連携)で臨床実習や医師の育成を行う体制を整備しています。山形大学医学部医学科で創設されたStudent Doctor制度は、わが国80医科大学の医学教育の標準になっています。医学部附属病院での研修を通し、一貫した医学教育を提供。山形大学医学部附属病院は、医学生の卒前教育から卒業後の初期臨床研修、専門医資格を取得する専門医研修、総合医学教育センターによる生涯教育プログラムなどを通して、優れた医師を育成し、生涯にわたり支援しています。医学部教育から専門医教育まで。世界最高水準の医療シミュレーター教育を提供するメディカルスキルアップラボラトリー。メディカルスキルアップラボラトリーとは、医療用シミュレーターによる疑似臨床実習を行う施設で、ACLS(心肺蘇生)や乳幼児医療訓練用のシミュレーターを始め、超音波診断、気管支・消化管内視鏡、内視鏡外科手術のトレー二ングシミュレーターなど世界最高水準のシミュレーターを揃えています。また、個々のシミュレーターには、大学病院の関係する診療科にご協力いただき、専門家のインストラクターを配置しています。シミュレーター教育は、実際の臨床実習と異なり大勢の卜レ一二ーに均一な学習機会を提供します。繰り返し学習することで必要な手技の習熟が可能になり、実際の患者さんに接する前に診療技術を向上させ、臨床実習での安全確保と社会の皆さん(患者さん)の実習への理解を得ることに役立っています。110