ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
132/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている132ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

安全農産物生産学コース環境を保全しながら、安全な農畜産物の持続的生産を担える人材を養成する。地域や開発途上国で安全な農畜産物の安定生産を実現させるため、持続的で循環型の環境保全型農業生産の科学的理論や方法などについて、フィールドワークを取り入れた教育・研究を行います。人畜や環境にやさしく安全な農畜産物を安定的に生産するための専門的な知識や実践的な技術を修得し、地域や海外において、環境を保全しながら安全な農畜産物の持続的な生産を担える人材を育成します。■研究室紹介システムを開発する。先端モデル農業のドローンを利用し■Student’s Voiceじっくり農業を学ぶ。感じながら人との繋がりの強さを藤井弘志教授|センシングによる作物診断システムの開発ドローンに搭載したマルチカメラで稲の生育状況(葉色)を撮影し面的に評価した「圃場のばらつきマップ」を作成。「ばらつき」に対応した可変施肥を無人ヘリによる行うシステムなど、先端モデル農業システムの開発をしています。共同作業を通して培う人間力、達成感、一体感がある研究室です。相田惇志3年宮城県多賀城高等学校出身実家が兼業農家なので、大学で得た知識を役立てたいと思い、このコースを志望しました。将来就きたい職業が具体的に思い浮かばない場合でも、入学して1年間じっくり勉強した後に学びたいコースを選択できる点がいいなと思います。全体人数が多くないので、学部内の繋がりが強いのもいいですね。■教員一覧藤井弘志教授(作物学)/森静香准教授(作物学)/西澤隆教授(野菜園芸学)/平智教授(果樹園芸学)/池田和生准教授(果樹園芸学)※/松本大生助教(果樹園芸学)/小笠原宣好准教授(鑑賞植物学)/長谷修准教授(植物病理学)/小林隆准教授(植物病理学)/佐藤智准教授(動物生態学)/角田憲一准教授(栽培土壌学)/佐々木由佳准教授(栽培土壌学)※/浦川修司教授(畜産学)※/堀口憲一教授(畜産学)/松山裕城准教授(畜産学)/片平光彦准教授(生産機械学)※附属やまがたフィールド科学センター所属■カリキュラム1年次2年次3年次4年次農家体験実習、食と栄養遺伝学、基礎土壌学、基礎生態学、雪山実習、環境保全型エコ農業論、国際農業経済論学外実習(インターンシップ-Ⅰ)、学外実習(インターンシップ-Ⅱ)学科共通科目Intensive Scientific Communication Courses in English、国際理解(海外研修)、公開森林実習(開講期については実習実施大学による)専門基礎科目コース必修科目食料生命環境学入門現場から学ぶ農学基礎農学セミナー安全農産物生産学概論食農環境マネジメント学概論食品・応用生命科学概論植物機能開発学概論森林科学概論水土環境科学概論安全農畜産物生産論、環境農学論、応用統計学、畜産学、環境保全型農業栽培学、野外科学、基礎植物学、食農環境経営学、水田作物学、植物病理学、基礎園芸学、安全農産物生産学基礎実験、応用昆虫学、フィールドサイエンス実験実習-ⅠA、フィールドサイエンス実験実習-ⅠB安全農産物生産機械学、基礎植物栄養学、農産物品質学、植物育種学、家畜生理学基盤共通教育【サイエンス・スキル】食料生命環境学実験実習(農学)、情報処理演習-Ⅰ(農学)【キャリアデザイン】キャリア形成論(キャリア教育)、先輩から学ぶ(キャリア教育)、地域から学ぶ(キャリア教育)【コミュニケーション・スキル1】英書講読演習-Ⅰ(英語2)、英書講読演習-Ⅱ(英語3)コース選択科目安全農産物生産学研究調査演習、安全農産物生産学コース実験実習、フィールドサイエンス実験実習-Ⅱ、情報処理演習-Ⅱ、安全農産物生産学実験実習、安全農産物生産学研究準備演習食農環境経済学、ポストハーベスト学、地球環境論、生物環境物理学、在来植物資源学、植物感染病学、食農環境政策学、食農環境システム論、農産物生理学、環境保全型栽培土壌学、家畜管理学、畑作物学、総合昆虫管理学、家畜飼養学、植物病害防除論、花卉園芸学、安全農産物生産学特講、果樹園芸学、野菜園芸・施設学安全農産物生産学研究演習-Ⅰ、安全農産物生産学研究演習-Ⅱ■学べる主な分野作物学食用作物(イネ、ダイズなど)を対象にして、気象変動対応型の技術や環境にやさしい環境保全型農業の技術について、品種および栽培技術の視点から教育を行っています。畜産学ウシ、ブタ、ニワトリなどの家畜を対象にして、環境保全と持続的生産を考慮した良質な畜産物を生産するための理論と技術について、主に栄養学的な視点から教育しています。果樹園芸学山形県特産のオウトウ、セイヨウナシをはじめ、リンゴ、カキなどの果樹を対象に、環境保全と持続的生産を考慮した高品質多収生産のための基礎理論、果実の多面的利用および栽培管理技術の高度化に関する教育を行っています。野菜園芸学野菜に関して、栽培技術の基礎となる生理・生態や遺伝的特性とともに、生産量を高める栽培技術、品質改良技術、年間栽培技術、長期保存技術、野菜の機能性の解明、植物工場、山形県内の稀少野菜などに関する教育を行っています。観賞植物学効率的な花き生産を目的に、光や温度などの環境要因の違いで植物の生育がどのように変わるか調べています。また、山形在来の花について、その利活用に関する教育を行っています。植物病理学環境にやさしい(化学合成薬剤を可能な限り減らす)作物病害防除法を確立するため、農耕地とその周辺に生存する(イネいもち病菌などの)病害微生物およびそれらの拮抗微生物などの動態や、誘導抵抗性、総合的な作物病害防除に関する教育も行っています。動物生態学環境保全型農業に貢献するため農業生態系の生物を対象に、1)水田の多様な生物がコメの生産に果たす役割、2)外来天敵が在来種に及ぼす影響、3)天敵の働きを中心にした総合的害虫管理などに関する教育を行っています。栽培土壌学土壌~肥料に関連する持続的・効率的な栽培技術と理論について教育を行っています。特に、水田の土壌~植物系の物質動態評価と養分管理が対象です。生産機械学農業生産における各種生産機械と生産施設の原理、作用、構造、性能を解明し、生産、機械、施設、人間、環境の関わりについて検討する分野です。この分野では、フィールドでの農作業の効率化、軽労化、農産物の収穫と調整に関する機械について、教育を行っています。130