ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
133/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている133ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

食農環境マネジメント学コース食農環境をマネジメントする理論とスキルを実践的に学ぶ。食料、農業、農村、環境の維持・発展を目的に、農業経営やコミュニティビジネスの発展方策および地域活性化手法、食の安全を担保するフードシステムおよび循環型社会システム構築に関する理論や方策などの教育・研究を行います。環境や食料問題、経営理論などに関する専門知識を備えた農業経営者やコミュニティビジネスの起業家、官民で農業・農村などに貢献する人材を育成します。■研究室紹介角田毅教授|農業経営の組織化と人材育成農業の未来を考える。活気あふれる海外を視野に入れ■Student’s Voice三浦麻未3年静岡県・浜松学芸高等学校出身実り多い経験を。恵まれた環境の中庄内地方の人文社会科学部地域教育文化学部高齢化と若い就農者の数の低迷で、未来の担い手が危惧されている日本の農業。農業が活気あふれる産業となるために望まれる、経営組織や人材育成をテーマに研究しています。この問題は将来、東南アジアの国々でも深刻化する可能性があり、留学生と意見を交わしながら研究を進めていきます。食べることが好きで、食に関わることを学び食に関わる職業に就きたいと思い、農学部を志望。経済学や経営学にも興味があったため本コースを選択しました。半年以上かけて農家さんと密に関わるミニ卒論は、農業が盛んな庄内地方のキャンパスならではの実習で、とても良い経験になりました。理学部■教員一覧小沢亙教授(食農環境経済学)/角田毅教授(食農環境経営学)/藤科智海准教授(食農環境政策学)/家串哲生准教授(食農環境会計学)※/保木本利行助教(食農環境社会学)/岩鼻通明教授(食農環境地理学)/渡辺理絵准教授(食農環境地理学)※附属やまがたフィールド科学センター所属■カリキュラム医学部1年次2年次3年次4年次農家体験実習、食と栄養遺伝学、基礎土壌学、基礎生態学、雪山実習、環境保全型エコ農業論、国際農業経済論学科共通科目学外実習(インターンシップ-Ⅰ)、学外実習(インターンシップ-Ⅱ)Intensive Scientific Communication Courses in English、国際理解(海外研修)、公開森林実習(開講期については実習実施大学による)専門基礎科目コース必修科目工学部食料生命環境学入門現場から学ぶ農学基礎農学セミナー安全農産物生産学概論食農環境マネジメント学概論食品・応用生命科学概論植物機能開発学概論森林科学概論水土環境科学概論農村計画学、安全農畜産物生産論、環境農学論、食農環境政策学、食農環境経済学、食農環境マネジメント基礎実習、食農環境経営学、環境社会論、地域・環境問題概論、農村地域の歴史と生活、農村地域の地理と環境、データマイニング演習、食農環境システム論地球環境論、流域保全論、畜産学、水田作物学、森林文化論、林業経済学コース選択科目コミュニティビジネス論、食農環境会計学、地域地理学、食農環境地理学、食農環境調査論、社会統計と農業の経済分析、フィールドリサーチ実習、地域プロジェクト演習食品機能化学、基礎植物学、ストックマネジメント論、森林政策学食農環境マネジメント応用演習農学部基盤共通教育【サイエンス・スキル】食料生命環境学実験実習(農学)、情報処理演習-Ⅰ(農学)、【キャリアデザイン】キャリア形成論(キャリア教育)、先輩から学ぶ(キャリア教育)、地域から学ぶ(キャリア教育)、【コミュニケーション・スキル1】外国書講読(英語2)【コミュニケーション・スキル1】食農環境マネジメント英語演習-Ⅰ(英語3)食農環境マネジメント英語演習-Ⅱ(英語3)■学べる主な分野食農環境経済学食料・農業・農村問題や資源・環境問題についての経済学的分析、農業・農村の活性化計画の策定方法やそのための合意形成手法に関する教育を行っています。食農環境会計学低炭素社会に対応した農業経営の戦略に関して、環境会計の視点から分析・考察する力を養う教育を行っています。食農環境社会学日本の地域社会がこれまでに経験してきたさまざまな社会“問題”をその歴史的展開の経緯に即しながら学習し、眼前の諸社会問題の発生の原因を歴史的・経済的・社会学的視座から複眼的に考察する力を養う教育を行っています。食農環境経営学環境変化に対応した農業経営組織の発展と人材の確保・育成方策、農業技術の経営的評価と効率的な普及方法に関する教育を行っています。食農環境政策学食料・農業政策に関する基礎的な知識をベースとして、現在の食料・農業政策の背景、現状、展開方向について教育を行っています。食農環境地理学地方における農山村と都市との関わりを自然環境と社会環境の両面から考察し、過去から現在に至る地域空間の変遷を分析して、理想的な将来像を問題提起することを中心に教育を行っています。Yamagata University 131