ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
135/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている135ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

植物機能開発学コース生物資源や環境に関する様々な課題に柔軟に対応できるプロフェッショナルな人材を育成。植物を対象に、遺伝資源学、植物制御化学、ゲノム科学に基づいて、その機能を遺伝子、タンパク質、代謝物質などのミクロな面から解析する方法、植物資源の高度な利用、ストレス耐性植物の開発等のマクロな面への応用などの教育・研究を行います。さまざまな課題を発見し、柔軟に対応できる応用力、展開力のラボワークとフィールドワークの実践が可能な人材を養成します。■研究室紹介「新品種の育成へ。遺伝子レベルで解明。星野友紀准教授|ゲノム情報を用いた次世代農産物の開発おいしさ」の謎を■Student’s Voice粟野莉奈3年山形県立上山明新館高等学校出身農業を学ぶこと。鶴岡市で食の魅力溢れる人文社会科学部地域教育文化学部米と枝豆の栽培が盛んな庄内地域で、山形県産農産物の代表格であるつや姫やだだちゃ豆を対象に、その「おいしさ」の謎を遺伝子レベルで解明し、新品種の育成を目指しています。実験室での遺伝子実験と、栽培管理から収穫までの圃場作業を、研究室全員で協力しながら研究を進めています。私の実家は果樹園を営んでおり、幼少の頃から身近な農業に興味を持ちました。食べることや料理が好きなので食に関わる仕事をしたいと思ったのも農学部を選んだ理由です。キャンパスがある鶴岡市はユネスコ食文化創造都市に指定されていて、独特な食文化や美味しい食べ物との出会いがあります。理学部■教員一覧村山哲也教授(生物有機化学)/網干貴子助教(生物有機化学)/笹沼恒男准教授(植物遺伝・育種学)/星野友紀准教授(植物遺伝・育種学)/村山秀樹教授(農産物生理化学)/及川彰准教授(農産物生理化学)/江頭宏昌教授(植物遺伝資源学)/俵谷圭太郎教授(植物栄養学・土壌学)/程為国准教授(植物栄養学・土壌学)/服部聡准教授(微生物資源利用学)■カリキュラム1年次2年次3年次4年次農家体験実習、食と栄養遺伝学、基礎土壌学、基礎生態学、雪山実習、環境保全型エコ農業論、国際農業経済論学科共通科目学外実習(インターンシップ-Ⅰ)、学外実習(インターンシップ-Ⅱ)医学部Intensive Scientific Communication Courses in English、国際理解(海外研修)、公開森林実習(開講期については実習実施大学による)専門基礎科目食料生命環境学入門現場から学ぶ農学基礎農学セミナー安全農産物生産学概論食農環境マネジメント学概論食品・応用生命科学概論植物機能開発学概論森林科学概論水土環境科学概論コース必修A科目植物機能開発学コース実験-Ⅰ植物機能開発学コース実験-Ⅱ、植物機能開発学コース演習、植物機能開発学研究立案展開演習、植物機能開発学コース実験-Ⅲ、植物機能開発学英語演習-Ⅰコース必修B科目基礎有機化学、応用統計学、微生物学、農産物品質学、基礎植物栄養学、植物育種学基礎食品生命科学、基礎分子生物学、地球環境論、基礎生化学、基礎動物生理学、生命バイオ分析化学、微生物生理機能学、細胞生化学、分子栄養学コース選択必修科目植物生理学、生物有機化学、植物化学、土壌生物資源学、バイオインフォマティックス演習基盤共通教育【サイエンス・スキル】食料生命環境学実験実習(農学)、情報処理演習-Ⅰ(農学)、【キャリアデザイン】キャリア形成論(キャリア教育)、先輩から学ぶ(キャリア教育)、地域から学ぶ(キャリア教育)、【コミュニケーション・スキル1】科学英語リーディング(英語2)在来植物資源学コース選択科目食品微生物学、微生物機能開発学、食品機能化学、食品衛生学、公衆衛生学、食品製造学、食文化論、食品創製科学生理活性物質化学、農産物生理学、植物分子育種学、植物栄養生理化学、微生物資源利用学【コミュニケーション・スキル1】科学英語コミュニケーション(英語3)植物機能開発学研究発表演習-Ⅰ、植物機能開発学英語演習-Ⅱ、植物機能開発学研究発表演習-Ⅱ、植物機能開発学英語演習-Ⅲ基礎微生物学、遺伝子タンパク質工学、食生活の科学、放射線概論、食品学各論工学部農学部■学べる主な分野植物遺伝・育種学栽培作物の重要形質の遺伝機作の解明と形質等の改良、ならびに栽培作物を中心とする植物の進化と多様性の解明研究を行っています。植物遺伝資源学在来植物資源の開発と特性評価ならびに保全・利用に関する研究を行っています。生物有機化学自生生物に含まれる有用生理活性物質の構造と利用研究、植物と昆虫の化学的な相互作用の研究を行っています。植物栄養学・土壌学土壌酸性や栄養ストレスへの植物の耐性機構の解析、アーバスキュラー菌根共生系の機能解析とその利用研究、植物土壌生態系における炭素・窒素の循環と地球環境の関わりに関する研究などを行っています。農産物生理化学果実の成熟機構および農産物(果物、野菜、切り花・花木)の老化機構に関する生理学的およびメタボローム解析ならびに農産物の品質保持技術の開発研究を行っています。微生物資源利用学分子生態学的手法による微生物生息環境評価、各種環境に潜伏する未利用微生物資源(真正細菌・古細菌)の探索取得および微生物代謝能解析、未利用微生物資源の利用技術開発に関する研究を行っています。Yamagata University 133