ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
139/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている139ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

■附属やまがたフィールド科学センターエコ農業部門(農場)農場は農学部キャンパスの南5.3キロメートル、県立公園の金峰山の麓、豊かな自然の中に立地する一団地24ヘクタールの総合農場です。ここは、農学に関する学習、教育研究のためのフィールドであり、農業生産を実践としながらこれと一体の実習教育と研究を進めています。実習教育では、生産現場での観察と体験を主内容とし、学部での授業と相まってフィールドに根差した農学と農業の基礎を修得させることを目的としています。流域保全部門(演習林)流域保全部門は、演習林のフィールドを対象に、持続可能な森林管理や森林生態系の修復・保全など環境保全型の森林管理技術の構築に関する教育研究を行っています。特に、演習林が我が国有数の豪雪地帯に位置することから、積雪環境と森林生態系の相互作用や利雪・親雪に関する個性的な教育研究を行っています。また、地域の里山に古くから伝わる農林業技術を継承し特色ある教育研究に生かすため、焼き畑林業や未利用森林資源の飼料化を実践し、林業と農業と畜産が共生するアグロフォレストリーの生きた教材として活用しています。人文社会科学部地域教育文化学部理学部社会教育部門センターの農場は朝日山地や月山を源流とする山形県内第2の大河川である赤川の下流域に、演習林は上流域に位置します。中下流域は日本有数の食料生産地帯であり、上流域はブナを中心とする冷温帯落葉広葉樹林帯です。この地域で人々は自然と関わりながら豊かな地域文化を築いてきました。当部門ではこのフィールドを活用して、体験学習、生涯学習およびリカレント教育などの社会教育を担当します。加えてアジアを中心とした開発途上国の農業技術者の研修受け入れなどの国際貢献も担当します。また、農山村地域の地域活性化に関する教育研究を行うともに、地域文化に込められた人と自然が共生していく知恵を、これからの環境保全型社会の構築に活用する方策も研究しています。さらに、広く社会に開かれた大学として地域社会との連携を強化するためにコーディネート機能を重視するとともに、農林生産様式の変化に伴う地域情報の収集、管理発信を行います。医学部工学部■山形大学大学院農学研究科※修士課程(2年間)手法の開発。健康影響評価薬剤耐性菌による水中の■岩手大学大学院連合農学研究科※博士課程(3年間)関する研究。土壌汚染の変化における大気・アジアの都市に農学部金谷祐里生物環境学専攻北海道・市立函館高等学校出身私たちは、普段の洗顔や入浴などはもちろん、海や川でレジャーを楽しむときや、水田や畜産での作業の際にも、水に触れる機会があります。このような水環境には、しばしば人間に感染して病気を引き起こす微生物が生息しています。近年世界的な問題となっている(抗生物質が効かない)薬剤耐性菌が検出されることもあります。私は、身近な水環境から薬剤耐性菌を検出・同定し、その水に触れた人間が感染する危険性と感染したときの健康被害を評価する手法を開発しています。医学や薬学の知識も必要で苦労は多いですが、安全な水遊びや農業活動を続けていくために必要とされているこの研究にやりがいを感じ、充実した研究生活を送っています。大学院と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、私の周りには将来研究者になりたいという人ばかりではなく、「卒論の研究をもっと続けたいな」とか「このまま就職するのは不安だな」といった気持ちで進学した人も多いです。皆さんにも、あまり気負わずに大学院進学を考えて欲しいですね。HAYASHI, Mika生物環境科学専攻ドイツ・ハノーバー大学卒業ここ数十年で発展途上国では急速な工業化とインフラの拡大が進み、経済成長が優先され人口が都市部に集中することで、自然環境・居住環境の悪化が進んでいます。そしてそれは人々の心身の健康に悪影響を及ぼし、さらに長期間的な観点から見た時、経済成長の負担にもなります。調査地はモンゴルのウランバートルと中国の哈爾浜に設定しています。これまで同位体を使った詳細な研究は行われておらず、年輪や土壌の安定同位体や重金属の分析によって、時間的・空間的な変化を見ることができると考えています。例えば年輪の同位体は時間分解能に優れており、時間的に汚染の変化を示すものとして利用することが出来ます。私はドイツ出身ですが、山形大学で修士号を取得しました。ドイツと日本では大学の仕組みが違いますが、研究に専念し山形での生活を楽しんでいます。大学院は自分の思うように自由に研究でき、人間として大きく成長できる場です。※岩手大学大学院連合農学研究科は、山形大学、岩手大学、弘前大学、帯広畜産大学で構成されています。構成大学からの進学者及び構成大学の修士課程を修了し、3年以内の方は入学料が免除されます。Yamagata University 137