ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
144/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている144ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

就職支援プログラム[学部別]大学卒業後の進路は、学部によって大きく異なります。山形大学では、全学共通の就職支援プログラムに加えて各学部の傾向や実状に対応したサポートが出来るよう学部単位での就職サポートを実施しています。人文社会科学部/地域教育文化学部/理学部1・2年次生には、将来の“夢”を実現できるよう「企業」「公務員」「教員」など、それぞれに向けたセミナーを開催し、充実した学生生活が過ごせるようサポートしています。3年次生には就職活動や次年度の公務員・教員などの各種採用試験に向けた就職ガイダンスを実施し、その後、会社訪問や1次試験及び面接などの時期とマッチしたセミナーを行うほか、山形大学オリジナルの就職活動ハンドブックを配布し、進路全般について支援しています。学生一人ひとりに対するきめ細かなサポートスタイルで、安心かつ充実した「就活」ができるよう配慮の上、支援を行っています。合同企業説明会■小白川キャンパスキャリアサポートセンターキャリアサポートセンターでは、皆さんが自由に使えるスペースとパソコン、新聞、参考書を備えており、その場で情報収集や勉強を行えます。さらに、求人検索やセミナー予約ができる「求人検索NAVI」では、先輩たちが残してくれた「就職活動報告書」を閲覧することができ、皆さんの就職活動時にも大いに役立つはずです。相談デスクでは常にスタッフが相談に応じており、座ってじっくりと相談できるような体制を整えています。また活動開始の早期には、キャリアサポーターが工ントリーシート添削など、後輩へのアドバイスを行っています。■求人検索NAVI大学へ集まる求人の検索はもちろん、学内のセミナーやキャリアカウンセラーの予約、インターンシップ履修など、支援をいつでも利用できる専用システムを導入しています。■遠隔企業セミナー首都圏への就職を希望する学生のために、テレビ会議システムを利用した個別説明会を開催しています。■キャリアサポーターによる支援活動内定を獲得した先輩のキャリアサポーターが、就職活動中の後輩のエントリーシートの添削や相談に対応します。■就職活動ハンドブック先輩の活動経験を元に、さまざまな場面で、ちょっとした疑問解決に使える就職活動ハンドブックを配布しています。142■キャリアカウンセラーの指導専門のキャリアカウンセラーが週3回、1人1時間程度で相談・指導を行っています。ー人ひとりの悩みにあわせて、自己PRから面接指導まで、さまざまな内容に対応します。■関連書籍の貸し出しセンターのフリースペースでは、いつでも閲覧可能な参考書、書籍をそろえています。貸し出しも行っており、自宅でも業界研究や対策を行うことができます。