ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
149/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている149ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

YUサポーティングシステム「アドバイザー制度」「学習サポート制度」「GPA制度」の3つの柱で、きめ細かく支援します。■学習サポート制度■アドバイザー制度■GPA制度「学習サポートルーム」にて、学生AA・職員が、学習を中心として各種相談に応じるものです。各学部の教員でもあるアドバイザーが修学面・生活面に関わらずさまざまな相談にのり、指導・助言を行います。履修した単位数とともに成績を平均したGPAによって把握し、その値に基づいて学生の指導を行います。学生サポート■学習サポートルーム小白川キャンパスでは、学生センターに「学習サポートルーム」が設置されています。学習をはじめ各種の相談がある場合は、この学習サポートルームを訪ねてください。学生AA及び職員が待機しており、学生の相談に応じます。日常生活から修学、キャリア形成まできめ細かくケアYUsupporting system?主に学習方法、手続きについての相談?医・工・農学部1年生の各種相談?相談窓口が分からない?学生センターの利用方法を聞きたい■なんでも相談コーナー大学生活を送っている中では、困ったり悩んだりすることも出てきます。そんな時は、学内の各窓口に気軽にご相談ください。学生センター授業に関することや授業料免除等に関すること、履修手続きに関すること学生AA・職員待機山形大学生などの相談に対応します。また、留学生に関することや留学に関する相談4月と10月は、決まった日の午後4事項に対応します。時20分から5時50分まで、「学習サポートルーム」に学生AA・職員が待機し、主として学習についての相談事項に対応しています。必要に応じて学習サポート教員への橋渡し?担当する学生に中・長期的視点からの指導?修学・生活等全般に渡る相談保健管理センターカウンセリングや健康に関する相談事項に対応します。を行います。その他の時期については、メール等により臨時受け付けて障がい学生支援センターいます。掲示やホームページ等をご障がいのある学生への支援に関する覧ください。相談事項に対応します。学生A Aとは??サポートファイル?サポートファイルキャンパス・ハラスメン卜防止委員会学生AAとは学生スタッフのことで、山形大学に在籍する現役の学生です。学生の視点に立って色々な相談に応じる身近な存在です。※AAは「アドミニストレイティブ・アシスタント」の略サポートファイル学生の皆さんに対して責任を持ってサポー卜するため、個人個人の学修履歴、GPA、各種の相談履歴等を「サポートファイル」として記録します。アドバイザーはこのサポートファイルにより、学生個人の状況を把握し、適切な助言を行います。このサポートファイルは、アドバイザーによる助言等のためのものですので、内容が外部に漏れたり、他の目的のために利用されることは一切ありません。アドバイザ一山形大学では、きめ細かな指導を行うため、学生の皆さんに対して責任を持って指導するアドバイザーが決められています。各アドバイザーについては、学年(学期)の最初に行われる面談の際に紹介されます。アドバイザーは、学生の皆さんが、有意義な大学生活を行うためのさまざまな指導を行うとともに、良き相談相手でもあります。修学面、生活面にかかわらず、心配事がある時は、まず各自のアドバイザーを訪ねてみましょう。もしアドバイザーで解決できない問題がある場合は、そのアドバイザーが責任を持って適切な相談窓口への橋渡しを行います。また、学年が進むにつれ、担当アドバイザーが交替する場合があります。その場合には、各自のサポートファイルとともに新しいアドバイザーに引き継がれ、卒業まで一貫して責任を持った指導体制を敷いています。※アドバイザーは、各学部の教員です。キャンパス・ハラスメン卜に関する相談事項に対応します。キャリアサポートセンター就職に関する相談事項に対応します。Yamagata University 147