ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
22/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている22ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

人文学部幅広い知識の習得に、就職活動に心強いサポートやアドバイス。澤村幸輝山形県立山形南高等学校出身法経政策学科公共政策コース4年模擬裁判実行委員会所属人文学部隣県にあって、充実のコース内容先生も学生も個性豊かでいい刺激。加藤夏実秋田県立秋田南高等学校出身人間文化学科文化解釈学コース4年文芸部所属自宅から通える距離にあったこと、そして、基盤教育と専門教育がともに充実しており、幅広い知識を習得できると聞いたので、山形大学を志望しました。社会科学に興味があり、その分野を研究したいという思いと、法律や経済、政治学も履修できるという点に惹かれて人文学部を選択しました。実際、多様な分野の知識に触れることができています。山形大学の魅力はなんといっても先生方のサポート体制につきます。講義内容についての質問にも気軽に対応してくれるなど、親身になって接してくれるのでとても心強いです。また、学生一人ひとりにアドバイザーの先生がついて就職に関しても支援してくれます。学生生活を振り返ると、1・2年時は、塾の講師のアルバイトに精を出す一方で、講義の予習・復習にもまじめに力を入れました。3年の時には模擬裁判実行委員会の一員として、模擬裁判公演に取り組んだことが一番の思い出です。4年生となった今は、大学で学んだ専門知識を生かすことのできる公務員を目指して、公務員試験に向けて勉強に励んでいます。私は、出身地である秋田県の隣県にある国公立大学に入れればと進路を検討していました。そんな中で、人文学部のコース内容が充実している点に着目して、山形大学を進学先として志望しました。さらに、文学や哲学、漫画、芸術などについて総括的にも専門的にも学べると聞き、このコースを選択しました。山形大学を選んで良かった点はいろいろありますが、特に強く感じることは、学年が進んでいく途中でやりたいことが変わっても、所属や授業の取り方を柔軟に対応してもらえる点です。自分のやりたいことがまだ明確ではない学生にはとても有り難いことだと思います。また、大学にはさまざまな性格や趣味志向の人々がいるため、刺激的で飽きることがありません。先生方もかなり個性豊かで魅力的です。私自身は、大学の授業の他にも文芸部での活動や趣味に注力して、手応えのある日々を過ごしています。将来的には、学生生活で吸収したさまざまなことを生かして、満足感のある、それでいて心に余裕のもてる忙しすぎない暮らしを送ることが理想です。模擬裁判実行委員会にて、週1回開かれる定例会でのひとコマ。公演前の最終定例会において、公演に向けて決起ということで、記念にメンバーみんなで集合写真を撮りました。サークルの部室で部員と、共通の趣味について議論を交わしているところです。文芸部には、様々な学問や分野についての幅広い見識を持つ人が多く、本音で語り合う楽しさは何ものにも代えがたいと感じます。20