ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
43/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている43ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

どんがら汁くじら餅日本海の冬の味覚といえば寒鱈。豪快にアラごと煮込んだ味噌ベースのスープには、脂ワタや白子から出る旨味が溶け込み、なんとも言えない深いコクが。岩のりとネギをたっぷり入れていただきます。江戸時代に兵糧食として用いられたのが始まりとされる、くじら餅。発祥の地といわれる新庄市では、昔ながらの製法でもっちりとした食感と醤油や塩、くるみが入った懐かしい味を受け継いでいます。玉こんにゃくこんにゃく消費量日本一を誇る山形のソウルフード。玉状のこんにゃくを出汁醤油でしっかり煮込み、串に刺して団子のようにいただきます。観光地の売店などで見られ、中には煮卵が刺してあるものも。芋煮?秋の山形の風物詩。小白川キャンパスからほど近い馬見ヶ崎川沿いは、里芋と野菜や肉を煮込む「芋煮会」をする人々で賑わいます。花見より熾烈な場所取り合戦と、その美味しさには驚くはず。だしキュウリやナス、シソ、ミョウガ、ショウガなど、夏野菜と香味野菜を5ミリほどのみじん切りにし、醤油やうま味調味料で味をつけた、夏の食べ物。温かいご飯や冷奴に乗せれば、それだけでOK。冷たいラーメン冷たく澄んだ醤油スープで麺をいただく、冷たいラーメン。見た目は普通のラーメンに氷が入っていたりするので、初めての人はびっくりすることも。山形市内の有名店には行列ができるほどの人気。青菜漬冬になる頃収穫した青菜を塩漬けし、一度丁寧に洗ってから醤油や昆布、鷹の爪などの調味液で本漬けする、冬の味覚。ほんのりとした葉の辛味、肉厚でシャキシャキとした歯ごたえはご飯のお供に最高。米沢ラーメンぺそら漬美味しい漬物が多い山形でも、個性的なネーミングが光る漬物。しなびたナスの食感が「ぺそら」っとしていることが由来ともいわれています。ピリ辛の唐辛子が効いている、大石田町伝統の味。手もみを加えた細打ち縮れ麺とあっさりとした醤油味のスープが特徴。出汁は野菜や鶏ガラ、煮干しなどサッパリとした味わいのお店が多め。市内には有名店がいくつもあり、食べ歩きが楽しめます。Yamagata University 41