ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
57/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

森林科学コースで森林資源利用学分野を専攻した私は、茨城県庁の林業職という、大学で学んだ知識をフルに生かせる適職に就くことができました。現在は、林業技術センターのきのこ特産部に配属され、食用きのこの栽培技術の開発に取り組んでいます。研究室のゼミ、アルバイトやサークル活動など、大学生活全般を通して今の仕事に生かされていることはたくさんありますが、特に、豊富な授業内容から吸収した幅広い知識や、さまざまな場面でいろいろな人と接したり、人前で発表したりする機会が多かったことで身についた度胸に助けられています。農学部の大学祭実行委員会の一員として運営に携わったり、重音楽研究会に所属してコピーバンドを組んだり、大学生活には楽しい思い出がいっぱいです。重音楽研究会では初心者にもかかわらず、サークルの仲間の助けもあって、卒業する頃には外部のライブにも出られるくらいになっていました。共通の趣味を持つ仲間との活動は本当に楽しいものです。一方、学業面はというと、研究室に所属してからは、研究と就活の両立で大変な時もありましたが、担当の教授や同期の仲間、先輩や後輩にも助けてもらいながら無事に卒論を仕上げることができました。また、学会発表をさせていただいたことも貴重な経験だったと思っています。さまざまな経験ができた大学生活の中でも、一番の宝物といえば、楽しいことも辛いことも分かち合える友人たちに出会えたこと。今でも、思いっきり遊んでストレスを発散したり、仕事のことを相談し合える大切な存在です。高校生のみなさん、山形大学は広大な土地で思いっきり学び、そして楽しむことができるいい大学です。特に、農学系を志望している人には、1学科制で1年次に農学に関する幅広い授業を受けて知識を深め、自分が何をやりたいかをじっくり考えた上でコース選択ができる点でおすすめです。個性豊かな先生方やたくさんの友人と出会うことで視野もグンと広がっていくと思います。私自身、受験は大変でしたが「入学して良かった!」と実感しています。ぜひ、みなさんにも海あり、山ありの豊かな自然環境の中で、有意義な大学生活を送ってほしいと願っています。コースでの学びを生かし、仕事は日々充実。バンド活動や大学祭、仲間との交流はいまも続く。富田莉奈茨城県林業技術センター職員|2 0 13年度農学部卒業Yamagata University 55