ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
63/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている63ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

堀田確かに、志望校を決める理由として、この先生に学びたいというのもアリだよね。茂山さんや古川さんが言っているように、山形大学には結構有名な先生がいますよね。塚本理学部にもたくさん本を出している著名な先生がいたりします。自分の場合は、入学してから知ったんだけど。でも、先生の名前や実績だけで憧れて入学するのはちょっとリスキーかも。人間性とか、自分との相性とかも大切だから。茂山できるだけオープンキャンパスには参加した方がいいですよね。各学部を代表する先生方がプレ授業をやってくれたり、実際にその先生と話ができたりもするので、大学の雰囲気を知る上ではすごくいいチャンスだと思います。蘇武私もオープンキャンパスに参加してわかったことがいろいろあって、志望校を決める決め手になったことは確かです。古川僕、名古屋という街が好きで、本当はそっちに行きたいという気持ちもあったんですが、諸事情もあって山形に来ました。でも、入ってみたら工学部には意外と愛知出身の学生が多くて、向こうの人が山形に来ているくらいだから、山形大学も凄いんだと思いました。実際、おもしろいですよ、工学部の授業。米沢キャンパスに来てからは特にそう感じています。塚本小白川キャンパスも閑静な住宅街にあって、落ち着いて勉強できて自分としてはいい環境だと思っています。工学部のある米沢市、農学部のある鶴岡市、2年生からキャンパスが変わるってどんな感じですか?簡野私は、1年の時は仙台から通っていて、2年からは鶴岡で初めての一人暮らし。どんどんのどかな地域に行っている感じですが、鶴岡は農学部にはうってつけの環境だと思っています。就活関係では、大学から支援バスがあり、とてもありがたかったです。ただし、若干情報が入りにくいところもあるので…注意が必要ですね。古川遊ぶところがなくて、車がないとかなり不便とか、ちょっとした不満はありますが、キャンパスは広くて静かでいいですよ。工学好きの集まりなので話していて楽しいし、教授との距離が近くて話しやすいし、相談できる人もたくさんいるので心強いです。アッ、それと、最初の冬は雪の多さにびっくりしました。簡野工学部は広くて立派ですよね。古川そうだね、研究設備もかなり充実しているし、企業との共同研究も盛んだから活気がありますね。農学部はどんな感じですか?簡野わりとコンパクトでアットホームな感じ。堀田医学部はどうですか?キャンパスは同じ山形市内だからそう環境は変わらないだろうけど、やっぱり勉強はかなり大変なんでしょう?茂山入学前から、テストが多くて留年する人も多いとは聞いていたんですが、テストが本当に多くて大変です。でも、だからこそ国家試験の合格率も上位の成績であるし、将来皆から必要とされる医師になるために、がんばっています。古川自分で料理を作る時間とかあるんですか?茂山テストの前とかはカレーを大量に作り置きしたり、でも、やっぱりかなりきつい時もあります。蘇武地域教育文化学部の中でも私は声楽を専攻しているので、1年生のうちからかなり専門的に学べたのは良かったと思っています。演奏は一人でできるものではないので、1年生から4年生まで一緒に活動する機会が多くて、いろんなことをバランスよく学べている実感があります。特にオペラの経験では、本当に視野が広がります。オペラは、オーケストラと歌と演技の総合芸術で、通常、国公立大学では経験できない大がかりなものです。それが山形大学では20年以上にわたって上演されています。簡野山形大学だからできるという点では、海外経験もそうだと私は思っています。普通は、TOEIC何点以上じゃないとダメとか、結構厳しいらしいんですけど、ここは行きたいという熱い気持ちがあれば、基本的に行かせてくれるみたいです。英語が苦手な私でも、ベトナムやモンゴル、ペルーにも行かせてもらいました。提携校で学生大使として日本語を教えるとか、いろいろなプログラムで。堀田そうですよね。海外への扉が多いというか、寛容だよね。僕も台湾に2週間、ロシアに約1年間行かせてもらいました。本場の台湾かき氷を毎日食べたり、シベリアの-20℃を体感したり、なかなか貴重な経験をさせてもらいました。学べる環境と送り出す寛容さ山形にしかない魅力がいっぱい。塚本さっき古川さんは、米沢は遊ぶところがないとか言ってたけど、小白川キャンパスも基本、そんなに変わんないですよ。でも、落ち着いて勉強ができるこの環境を自分はけっこう気に入っていて、理学部的には図書館の蔵書もかなり充実しているし、学ぶ環境としては十分。それに、山形は家賃とかも含めて物価が安くて、それでいてアルバイトの時給とかは意外に高くて、金銭的には生活しやすいと感じています。だから、お金を貯めておいて、遊ぶ時は仙台とか東京へ行けばいいわけだし、東京や京都・大阪行きの夜行バスもありますから。仙台行きのバスに至っては5~10分置きにありますからね。蘇武私はその仙台出身なんですけど、私は山形がすごく好きって言うか、山形の方が合ってるみたいです。自然は豊かだし、人は親切だし、食べ物は美味しいし、山形にしかない魅力が思っていた以上にたくさんあって、さっき話したオペラのことも含めて、山形に来て本当に良かったと思っています。実家に帰っても、すぐに山形に戻りたくなるくらい。古川僕は長期休暇になると、わりとすぐに実家に帰る方ですね。こっちにいたくないとかじゃなくて、普段は勉強とアルバイトの両立が難しいので、長期休暇の時にまとめて、しかも生活費のかからない実家暮らしでがっちり稼ぐようにしています。堀田大学内のアルバイトは、けっこう時給いいんだよね。前に、ナスカの地上絵の画像を見て、地上絵の線なのか車の轍なのかを判別する仕事をしたことがあったな。簡野私は、1年生の時は実家から通っていたのでアルバイトは土・日だけ、仙台でやっていました。2年生になって鶴岡に来てからは、家庭教師のバイトもやったし、学生AA(アドミニストレーティブ・アシスタント)として、大学主催のシンポジウムのお手伝いや留学生との交流会を企画・運営したこともあります。他学部の学生AAや大学の職員の方とも親しくなれて楽しかったし、とてもいい経験になりました。塚本やっぱり塾の講師や家庭教師のアルバイトはやっている人、多いですよね。自分も塾の講師をやっていたし、一般企業でパソコン入力程度のアルバイトなどもやっていました。堀田弘通|人文学部(次ページへ)ほったひろみち|静岡県出身。人間文化学科4年。日本史専攻。ロシアの提携校に1年間留学。サークルは居合道研究会。将来は家業を継ぐ予定。蘇武絢子|地域教育文化学部そぶあやこ|宮城県出身。地域教育文化学科音楽芸術コース4年。声楽専攻。学生寮の近くに映画館があったことで映画好きに。山形のラーメンにも夢中。塚本恵|理学部つかもとめぐむ|秋田県出身。数理科学科4年。高校の終わりに数学への興味が高まり理転。大学院への進学希望。修士の研究テーマを探して、文献を読みまくる日々。茂山由季|医学部しげやまゆうき|青森県出身。医学科4年。ゴルフ部所属。大会が多く、学部のテストも多いが頑張って両立。大学でのさまざまな経験を通して、人見知り改善中。古川雅規|工学部ふるかわまさき|福井県出身。機能高分子工学科3年。小・中・高時代は野球一筋。現在は、運動不足解消を兼ねて1時間歩いて通う映画館での映画鑑賞が趣味。簡野あかり|農学部かんのあかり|宮城県出身。食料生命環境学科植物機能開発学コース4年。中・高が陸上部だった名残で趣味はランニング。スーパーのお買得品で作る創作料理が得意。Yamagata University 61