ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2018

ページ
82/164

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2018 の電子ブックに掲載されている82ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2018

人間文化コース人間とその文化的活動に関する専門知識を身につけます。?文学、歴史、言語、哲学、情報科学、映像など、文化的な資源を発見し、その価値を活用・発信する方法を学びます。?ナスカ研究をはじめとする高度な人文学教育の中で、人類の文化を総体としてとらえる力と交流する力、資料を収集・分析する力などの実践的な能力を身につけます。? 2年次以降、文化人類学プログラム、歴史学プログラム、認知情報科学プログラム、日本学プログラム、文化解釈学プログラムのいずれかに所属し、担当教員の指導のもと4年次には卒業論文をまとめます。■研究室紹介人や国家の姿。史料から読み解く広い視野で■教員一覧新宮学教授(アジア史)石澤靖典教授(西洋美術史・表象文化論)加藤健司教授(比較文学)清塚邦彦教授(哲学)坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)本多薫教授(情報科学・人間工学)松尾剛次教授(日本史・宗教学・宗教史)山﨑彰教授(西洋史)渡辺文生教授(日本語学)伊藤晶文准教授(自然地理学・地形学)大久保清朗准教授(映画研究・表象文化論)大杉尚之准教授(認知心理学・知覚心理学)佐藤香准教授(神経行動科学・感情心理学・社会心理学・文化心理学)十川陽一准教授(日本古代史・法制史)中澤信幸准教授(日本語学)中村篤志准教授(アジア史・モンゴル史)松本雄一准教授(アンデス考古学・文化人類学)宮腰直人准教授(日本古典文学)森岡卓司准教授(日本近代文学)山本睦准教授(アンデス考古学・文化人類学)柿並良佑講師(現代フランス哲学・表象文化論)吉井文美講師(日本近代史・東アジア国際関係史)吉井文美講師|日本近代史1930年代の日本の対中政策について研究しています。戦争が拡大していくなかで、日本は中国とどのように向き合い、中国を注意深く見つめるイギリスやアメリカとの関係を調整しようとしたのでしょうか。史料から人や国家の姿を読み解き、当時の日本が置かれた国際環境について考えていきます。「今」が形作られていく過程が見えてくるはずです。■Student’s Voice齋藤素海3年宮城県・東北学院榴ケ岡高等学校出身人間の心理や文化、思想、歴史を学ぶ人文学部(現人文社会科学部)には、様々な分野を専門とする教員が揃っています。学びたい分野が広がっていった時でも、多様な研究に触れ、学ぶことができるのがいいですね。現代社会の特性や人間の本質について考えると共に、幅広い教養を身に付けられるのも魅力です。専門的に学べる場所。学びたい分野を文学、哲学、歴史学■カリキュラム1年次2年次3年次4年次専門導入科目専門基礎科目専門展開科目「日本学入門」科目群(日本社会論、人間文化入門総合講義)文化人類学プログラム(アンデス考古学概論など)歴史学プログラム(日本近代史概論など)認知情報科学プログラム(人間情報科学概論など)日本学プログラム(日本語学概論など)文化解釈学プログラム(哲学概論など)基盤教育共通科目高年次教養科目導入科目基幹科目教養科目共通科目ジェネリックスキル科目キャリア科目実践科目「課題演習」科目群(地域歴史史料、哲学、芸術文化など)文化人類学特殊講義、文化人類学演習など東アジア史特殊講座、ヨーロッパ史演習など認知心理学特殊講義、情報処理実習など日本古代中世文学特殊講義、日本語文法演習など美術史特殊講義、表象文化演習、現代社会論演習など卒業論文■学べる主な分野文化人類学異文化研究を通じて、人間の生活世界について学びます。世界の様々な地域の社会と文化について、多角的に学習することができます。日本語学皆さんが普段使っている日本語のしくみについて、またその歴史的変遷について、文献調査やフィールドワーク等を通して学んでいきます。日本史日本の古代史から近代史、さらに考古学まで教員が充実しています。じっくりと史料を読みながら、多角的に日本史を学ぶことができます。表象文化絵画、小説から、映画やマンガ・アニメまで、イメージを対象として横断的に学んでいくことを目指しています。認知科学人間の心理・行動特性について情報処理の観点から理解します。心理学、ヒューマンインタフェース、行動科学等による「知」の総合科学です。80