ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
107/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている107ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

看護学科豊かな人間性を育む総合大学の環境の中で、質の高い看護実践能力を修得する。1993年に東北、北海道地区で最初に作られた4年制の看護大学です。2007年には国立大学法人として全国6番目となる看護学の博士後期課程がスタートしています。教育・研究・実践の豊かな実績を有する教員組織と医学部附属病院を中心とする充実した実習環境のもと、地域の医療・保健・福祉に貢献できる理論的にも実践的にも質の高い看護職者や、教育・研究の分野においても指導的な立場に立てる人材を育成していきます。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な分野基礎看護学基礎看護学領域は看護の対象である人間を理解するための基盤を学ぶ分野です。具体的高齢者看護学加齢による身体的・心理的・社会的変化や疾病への影響を理解し、高齢期にある人々の看護精神看護学精神看護及び精神保健の概念、こころの仕組みと発達、疾病を抱える人への看護援助について理学部には看護実践の基礎となる人体の構造や機について学びます。具体的には、生理的・病的学びます。主に、各年代における心理的不適応能、薬や疾患の理解を深め、看護の基本であ老化の理解、高齢期に多い疾患、認知症の看とその看護支援、がん患者や家族への精神看護る看護の概念と、看護援助技術の本質や原則護、リハビリテーション期、生涯の最終段階にあ支援、心理カウンセリングなどの心理療法、精神を講義、演習、実習を通して学びます。る高齢者の看護・チームケアについて学びます。看護と他科の看護を統合させたリエゾン精神看護、など精神看護学に重要なテーマが中心です。看護管理学看護管理とは、質の高い看護活動を効率的、効果的、創造的に行うために必要な看護職に求められる能力です。そこで、看護管理学では、看護管理の基本、組織化、看護サービス管理、人材マネジメント、チーム医療、看護専門職、看護の質と評価、看護と経営、看護政策、感染管理、リスクマネージメントについて学びます。小児看護学基本的ニーズと基本的人権を否定された子どもたちに、将来、他の人の人権を尊重し、思いやりのある、建設的な大人になることを望むことはできません。小児看護学では、変化する社会の中で成長・発達する子どもの特徴を知り、子どもの基本的人権を守り、発達や健康状態に合わせた子どもの看護について学びます。公衆衛生看護学乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層を対象に、疾病や障害がある人だけでなく健康な人も含めたすべての人々の健康と、Qualityof Lifeの向上を支援する看護を学びます。市町村や保健所などの保健師が行う地域住民を対象とする地域保健、働く人々を対象とする産業保健、養護教諭が行う学校保健などの公衆衛生看護活動について学習します。医学部工学部基礎生命科学看護のプロフェッショナルとして、基礎生命科学、医学的知識は必須のものです。人体の解剖と機能における正常と異常(疾病)について、環境と病原微生物について学習します。さらにそれらを統合させてどう対応するのかを専属の教官から系統的に学びます。また、講義や実習を通して一生学び続けられるリサーチマインドを育むことを目指します。母性看護学子どもが健やかに生まれ育っていく基盤である妊娠・出産・育児に焦点を当て、その支援を学びます。また、女性の持っているセルフケア能力を引き出し、女性を中心としたケアについて学びます。さらに女性の各ライフステージにおける健康の諸問題、産婦人科の看護について学びます。在宅看護学在宅看護学は、自宅や介護施設で療養する人とその家族を対象として、病院の退院支援部署や訪問看護ステーション、地域包括支援センター等で展開される看護職の役割や社会資源の活用、看護支援の方法について、講義・演習・実習を通して学習します。実習では知識と技術を統合し、在宅看護実践能力の基盤農学部を作ります。成人看護学ライフサイクルの中で成人期は、最も幅広い助産学保健師コース・助産師コース年齢層で、社会に大きく影響を及ぼす時期でハイリスク妊産婦・ハイリスク新生児事例に地域で生活する人々の健康と生活を支援すす。そのような成人期にある人々の健康問題も対応できる助産診断と安全な分娩が行えるる看護実践能力を養い、自律して行動できると看護について学びます。具体的には、疾病技術を習得します。また、女性が妊娠・出産・保健師を育成する「保健師コース」と、女性のの予防、手術やその他の治療を受ける患者さ育児に主体的にのぞむことができる支援につ性と生殖に関わる権利を中心に学び、助産診んへの看護、またリハビリテーション期や終末いて学びます。さらに女性の性と生殖の権利断と実践能力を養い、女性に寄り添うことが期にある患者さんやそのご家族へのケアにつを中心とする助産師の役割と専門的自律能力できる助産師を育成する「助産師コース(若干いて学べます。について学びます。名3年次に選抜試験有)」があります。Yamagata University 105