ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
112/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている112ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

化学・バイオ工学科化学、医療、食品、環境、エネルギー分野で先端研究。化学を基盤とする機能性材料やエネルギー工学に加え、生物・バイオ領域における新しい工学分野である、たんぱく質工学、遺伝子工学、細胞工学に関する研究が飛躍的な進歩を遂げています。応用化学・化学工学とバイオ化学工学を両輪とする化学・バイオ工学は、多様な工学的科学技術への理解と応用を可能とし、人類が直面するエネルギー、環境、食糧、医療などの諸問題を解決する工学として、強く社会に求められている学問です。■学べる主な分野機能物質工学分子レベルの材料設計により多様な機能を発現する新たな材料の創製が可能となっています。有機高分子材料についてその合成から評価までを理解し、また無機材料の合成手法と評価法を身に付け、それらの特徴を把握した上で機能性材料としての応用まで、幅広く物質の機能工学について学ぶことができます。環境エネルギー技術環境にやさしいエネルギー技術が求められています。工業生産や私達の社会生活を支える諸エネルギーについて、それらの種類や特徴から課題までを理解し、省エネの意義を把握しながら環境との調和や保全技術のあり方など、環境エネルギー技術の基礎から発展、そして応用までを幅広く学ぶことができます。ナノバイオサイエンスナノバイオサイエンスが次世代科学として注目を集めています。微生物、植物、動物などで示される様々な生命現象を念頭に置きながら、ナノレベルで化学と生物との関係を理解し、ナノレベルの分子設計やデバイス解析などの工学的方法論への学びを通してナノバイオサイエンスを身につけることができます。資源化学プロセス資源の有効活用が切望されています。バイオマス資源や化石資源について、産業への原料供給やエネルギー生産への貢献の立場から資源化学工学を理解し、資源変換や移動操作などのプロセス化学を身につけ、資源開発から資源活用、廃資源のリサイクル工学まで、資源化学プロセスを広く学ぶことができます。生物機能バイオプロセス生物においては酵素の認識能力などの分子レベルの機能が重要な役割を果たしています。生物機能を広く模倣・活用する酵素化学や生化学を理解し、バイオセンサーへの活用や、バイオ生産プロセスの特徴と課題、医用化学工学などへの応用など、幅広く生物機能を活用する工学プロセスを学ぶことができます。複合機能化学工業生産においては、生体・生物機能を超える触媒作用など、複合機能の発現が期待されています。有機物質や無機物質の分子レベルの状態分析や新たな材料の合成・反応・評価法を理解・設計し、分析化学や物理化学のみならず細胞生物学などの多様な基礎化学に根ざした複合機能化学を学ぶことができます。応用生物工学微生物機能の活用など応用生物工学が広く実践され、更なる発展が期待されています。食品や医療など幅広い分野への応用を念頭に機能生物科学や細胞生物学、発生生物学などの生化学を基本とした生物科学を身につけ、さらに微生物の活用技術を理解し、社会貢献度が高い応用生物工学を学ぶことができます。生物分子科学環境や生体にやさしく機能性の高い物質として、生物が産生する天然物の活用技術が進んでいます。天然物の単離法の確立や構造決定、生理活性物質など一連の関連化合物の合成や評価法と、それらの活用などについて理解し、天然物有機化学や生化学の基礎科学を通して、生物分子科学を学ぶことができます。ヘルスケア高齢化社会の中で、健康の維持管理に関心が寄せられており、ヘルスケアが高い注目を集めています。生物工学や機械工学のみならず物理化学や化学工学を基盤とした食品化学や化粧品工学、生体工学などを理解し、応用健康工学や生活科学に関する基礎工学を通して、幅広くヘルスケアを学ぶことができます。安全システム環境に順応し社会に負荷をかけない安全な生産プロセスの実践が期待されています。生産プロセスにおける化学工学的単位操作の基礎理念や効果的で効率的な化学プロセスを理解・把握し、安全や危機管理に係る社会工学を身に付け、社会に負荷をかけない社会システム、安全工学を幅広く学ぶことができます。医工学移殖、再生、修復の技術など、医療領域における医工学の進展は目覚しいものがあります。化学と生物工学の基礎を学び、生体材料についての理解を深め、医用生体工学や生体材料学を始めとして組織や組織再生学などの基礎と応用を理解することで、医工学に関する基礎的・応用的工学を学ぶことができます。創薬化学健康と命を支える創薬化学を基盤として新たな医薬品の開発が日々進んでいます。有機化学や生化学などの化学や分子生物学の視点に薬剤学や医化学の視点を加え、分析や合成、評価、製剤などの工学的な立場から医薬品の分子・機能設計と製造・製剤プロセスを理解し、創薬化学の基本を学ぶことができます。110