ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
115/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている115ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

建築・デザイン学科工学とデザインとの融合による都市・建築空間の創造。デザインから工学にわたる幅広い知識と技術を兼ね備え、地域の風土に根ざした建築設計・都市計画を追究、工学分野とも連携し学際領域で新たな価値を生み出す人材を養成します。総合学問である建築の特性を活かすため、工学からデザインまでの幅広い領域を包括した研究・教育を行います。数理系教育、製図法や模型製作、設計課題。絵画、版画など芸術分野を含んだデザイン系教育。地方自治体や民間企業などとも連携し建築設計やデザインした作品を地域の発展に活かす仕掛けを考える教育プログラムを展開しています。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な分野デザイン基礎デザインの原初的な意味である設計や計画について人ともの(衣食住・芸術に関わる素材・道具・器具)との関わりを通して機能的なデザイン、感覚的なデザインについて表現手法を通して学びます。また絵画・版画など芸術デザインの基礎についてデッサンや彫刻の作成をすることで関わることができます。住環境人体寸法や動作、予測されるアクシデント、人体の経年変化への対応などバリアフリーやユニバーサルデザインなど様々な人間のニーズを捉えながら暮らしを支えるインテリアや住空間のデザインについて理解します。空き家対策や空き地利用など少子高齢化社会を見越した住宅セーフティネットを踏まえた住環境政策について学びます。建築史古代から近代に至るまでの建築の歴史的変遷を理解し、過去・現在・未来における建築文化を考察するための基礎的な力を身につけることができます。近世以前の住宅建築・宗教建築、近代以降の諸建築について、各時代における建築を平面的、形態的、構造的観点より検討し、それらの相互関係を歴史的に理解します。理学部建築デザイン都市・地域計画景観設計医学部2次元で表現する建築設計に関わる製図法を踏まえ、建築言語としての建築図書を作成する力を身につけます。具体的な建築空間についてインテリアを含めた空間模型などで表現するとともにカスタマー向けに建築空間コンセプトを言語表現で伝えられるようにエスキスや展示発表の場を通してディスカッションを行います。人口減少社会に伴い、地域や都市の成長管理が必要となってきています。成長型の地域計画及び都市計画では、農村部が都市に組み入れられ、拡大してきました。成熟型社会では都市施設の老朽化を伴う形で、再生型の地域・都市計画が求められます。地域再生のための地域計画、都市計画には何が必要かについて考察を深めます。ライシャワー元駐日大使に「もう一つの日本」と称された山形を舞台に豊かな自然環境と戦後から開発が進んだ人工環境とが共存する景観を題材に検討を重ねます。近景、中景、遠景が織りなす風景を動的なシークエンスとして導きながらこれからの地域資源のあり方について設計デザインを通して検討します。工学部建築施工建築構造耐震設計企画・計画の段階から竣工までの施工管理に関わる分野です。建物はいかにして造られるか。企画・計画の段階から建物が完成するまでのプロセスについて概説します。建物が実際にできていく様子を写真などの資料や現場見学、縮小模型の製作などを通して理解します。建築構造として木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造など従来から使われてきた建築の構成材料による計算方法や構法を踏まえた建築構造について学びます。最新の建築構造設計や建築構造デザインについても紹介します。各種建築構造の特徴を理解し、力学の知識と合わせて建築構造の知識を習得します。世界で発生するM6.0以上の地震の2割が集中する日本において耐震設計は重要な役割があります。免震、制震、新たな耐震方法など現在の建築構造設計の根幹である耐震設計手法を理解し、その基本知識・技術を習得します。簡単な具体例を用いて、実際の建築物の構造設計の流れを理解できるようにします。農学部建築材料環境工学環境エネルギー建築材料は建物を支える構造を構成するだけでなく、内外装など建物外観の構成や内部の機能性・居住性に関わる重要な役割を果たしています。古代から現代までの建築材料の歴史から、耐火性や防水性、断熱性能などの機能的な面や空間の持つ質感など感覚に関わるものなどについて使用法などを習得します。健康・安全・快適な住空間形成のための環境技術分野です。住空間を計画していく場合を想定し、生活空間を取り巻く環境を理解し、光・熱・空気・音・水などの環境要素についてその物理的性質、人間による知覚との関係、公衆衛生、安全や健康との関係などを統合的に考察します。環境負荷を考慮したエネルギー利用技術に関する分野です。東日本大震災後、環境エネルギーに関する政策が注目されています。脱工業化社会の進展とともに従来の必要とされていたエネルギー需要が変化し、気候変動リスクと災害リスクとの増加を環境エネルギーの方法の進化によってどのような形で回避できるかについて概説します。Yamagata University 113