ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
119/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている119ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

アグリサイエンスコース安全な農畜産物の持続的生産・管理を担える人材を育成。安全な農畜産物を持続的かつ安定的に生産するための理論や技術を学びます。さらに、限られた資源(物的資源、人的資源)を有効に利用するためのマネジメントについて学びます。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な分野作物学食用作物(主に、イネ)を対象にして、潮風害や高温障害などの軽減技術の開発、未利用資源の農業(資材化)利用に関する研究、効率的なケイ酸供給技術の開発(水稲のケイ酸吸収を促進する新資材の開発)、ドローンと無人ヘリを利用したスマート農業の展開、環境にやさしい環境保全型農業の技術開発について、最先端の解析を用いて、フィールドの視点から教育と研究を行っています。畜産学ウシ、ブタ、ニワトリなどの家畜を対象にして、環境保全と持続的生産を考慮した良質な乳、肉、卵といった畜産物を生産するための理論と技術に関する教育を行っています。特に、地域内の生産現場と連携した実践的な教育に重点を置き、畜産業に関わる飼料作物の栽培から収穫調製、食品製造副産物や農場副産物の調製加工、家畜の飼養・管理、畜産物(食肉、食肉加工品、卵など)の評価などの研究を通じて教育しています。果樹園芸学山形県特産のオウトウ(さくらんぼ)やセイヨウナシをはじめ、リンゴ、カキなどの主要落葉果樹やヤマブドウやアケビなどの地域特産果樹を対象にして、環境の保全と持続的な生産に配慮した良品質果実の安定生産のための基礎的理論や技術に関する研究を展開しています。さらに、さまざまな果実の加工利用適性や多面的利用法ならびに新品種育成(品種改良)に関する新技術についての教育と研究も行っています。理学部医学部野菜園芸学観賞植物学植物病理学各種の野菜に関して、栽培技術の基礎となる生理・生態や遺伝的特性とともに、生産量を高める栽培技術、品質改良技術、年間栽培技術、長期保存技術、野菜の機能性の解明、山形県内の稀少(在来)野菜などに関する教育を行っています。また、近年開発が進められている植物工場で用いられる光・温度・湿度・炭酸ガス濃度といった各種の環境制御技術やモニター技術、IoTを用いた生育診断技術などについての研究も行っています。環境保全型花き生産を目的とし、より少ないエネルギー・肥料投資による花き生産について教育を行っています。主として多年生花きを対象に、施設栽培型花きであるシクラメンやダリアなどのほか、リンドウや花木類など露地栽培型花きの効率的な生産理論と技術について教育を行っています。また、地域遺伝資源である食用菊の分類、保存、利活用に関する教育も行っています。環境に配慮した安全で持続的な農業生産に寄与することを目指して、作物の病害管理に関する教育研究を行ってます。イネの病害では、最重要病害のいもち病や、地球温暖化に伴って心配される紋枯病の発生を圃場ごとに予測し管理するシステムの構築を行っています。また、有用微生物やケイ酸など作物の抵抗力を高める作用を活用した防除法の確立とそのメカニズム解明を行っています。最近は電解水を防除に活かす研究も手掛けています。工学部農学部動物生態学栽培土壌学生産機械学環境保全型農業の発展に資する目的で、特に農業生態系の機能を農業に利活用するため、1)水田や畑地の生物が水稲栽培に果たす役割、2)捕食性テントウムシ類やクモ類など、天敵類の働きを中心にした総合的害虫管理、3)それらの生物の種内・種間関係、4)特に最近あまり見かけなくなったメダカやマルタニシなどの生物に注目し、これらの生物の農業生態系における機能の解明やその保全などに関する研究・教育を行っています。水田土壌~水稲の養分管理に関する実践可能な理論についての教育を行っています。土壌養分の観点では、土壌の肥沃度の持続性、また、植物養分の観点では生産の持続性と効率性を改善するために必要な知識と観察力を養い、国内ならびに国外の現場で生じるさまざまな問題を解決することができる技術者を育成しています。また、それら諸問題の解決に有効な栽培技術の開発に関する研究を行っています。農業生産における各種生産機械と生産施設の管理、作用、構造、性能を解明し、農業生産、機械・ロボット、生産施設と人間や環境との関わりについて考える分野です。本分野ではフィールドで農作業を効率化するための農業用ロボットの開発、水稲や露地野菜の機械化作業技術、AI(人工知能)を用いた農産物の収穫・調製機械の開発研究を行っています。Yamagata University 117