ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
138/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている138ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

学生サポート各キャンパスに相談窓口を設置し、学生生活を修学面・生活面に限らず多方面からきめ細かく支援します。■アドバイザー制度山形大学では、きめ細かな指導を行うため、学生の皆さんに対して責任を持って指導するアドバイザーが決められています。各学部の教員でもあるアドバイザーが修学面・生活面に関わらずさまざまな相談にのり、指導・助言を行います。私の学部では1学年に2人のアドバイザーがついており、大学生活全般に関わる相談にのってくださいます。学部全体からみた学生の状況を分析してくださるので、甘えるだけでなく気持ちを引き締めてくれる存在です。(写真左)北村真菜地域教育文化学部3年山形県立鶴岡南高等学校出身(写真右)楠本健二准教授心配なこと、悩みごとがある場合■なんでも相談コーナー小白川キャンパス学生センターに「なんでも相談コーナー」を設けています。日常生活のこと、勉強に関すること、その他さまざま悩みごとなど、何でも相談できますので、遠慮なく話しかけてください。相談内容に応じて、学生相談室や学内外の相談機関を紹介することも可能です。また、学生自身はもちろん、お子様のことでご心配なことがある保護者の皆様からも、直接ご相談いただくことができます。身体や心の相談がある場合■保健管理センター医師、カウンセラー、看護師が身体と心の健康相談などに応じております。また、応急的な診察を行っています。就職に関する相談がある場合■キャリアサポートセンター専任の教職員が就職に関する相談などに応じております。学習に関する相談がある場合■学習サポートルーム大学の学習に関する各種相談に応じるため、学生スタッフ、職員を配置して対応しております。(4月と10月に開設。その他の期間は学生センター教務課学務担当窓口で対応)学生の視点から、大学生活の悩みを解決する手助けがしたい。■小白川図書館学習サポートAA参考文献の探し方やレポートの書き方、卒業研究に関する相談などを現役の大学院生が対応しております。AAはアドミニストレイティブ・アシスタントの略で、学生支援などのため、大学から雇用された学生のことです。今まで学んだ知識・経験を伝えることができる仕事です。学生スタッフ伊東理紗人文学部4年栃木県立大田原女子高等学校出身主に新入生からの履修登録や授業に関する相談に応じる仕事です。自らの経験に則り学生目線で助言できる点にやり甲斐を感じています。猪越隼理工学研究科(理学系)2年福島県立安積高等学校出身学科長からの紹介で学習サポートAAになりました。大学院進学の相談などを行っており、今まで経験したことを活かせる仕事だと思っています。ご相談を傾聴、一緒に学ぶ感覚。図書館ならではの学びの楽しさ。お悩みに寄り添い、図書館機能を活用して、ニーズに合わせた情報を提供します。学びの楽しさに改めて気づく日々です。太田宗一郎社会文化システム研究科2年山形県立山形東高等学校出身皆さんが自分で答えを出すための手助けをしたい。向谷地真社会文化システム研究科2年宮城県仙台第三高等学校出身「自分が困った経験を後輩にさせたくない」と思いスタッフになりました。計算問題や語学の質問など、自分で答えが出せるような解説を心掛けています。136