ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
39/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている39ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ゼミはディベートが中心なので争点がわかりやすく、いつも楽しくも熱い議論が交わされています。法経政策学科4年今野真理子周りの人と自由に意見や考えを共有できる、とても和やかな雰囲気の授業です!人間文化学科3年松浦優里香労働法演習労使双方の立場にたって労働問題を考える。担当教員●阿部未央准教授英語学演習英語のしくみやはたらきについて学ぶ。担当教員●小泉有紀子准教授日本語学演習現代日本語のことばの仕組みを分析する。担当教員●渡辺文生教授英語を中心とした言語学を学びます。「人はどのように英語を使ってコミュニケーションをしているのか」「英語を身につけるのはなぜむずかしいのか」などの問いを考えることによって、英語への理解を深め、英語学研究へのアプローチを身につけます。長時間労働、非正規の処遇改善、WLB…。働くことに関するルールがどうなっているのか?どういう問題が生じているのか?どうすればいいのか?について、日本の雇用慣行や文化的な背景もふまえながら、グループ・ディベートを通して考えていきます。英語学についての知識を学び、自分が興味のある分野を見つけることができました。人間文化学科4年庄司江里現代日本語の文法や意味に関して様々な現象を取り上げ、日本語学の分析概念を用いて説明していくことを目指しています。ことばの仕組みについて意識的に観察する力、そして、日本語を専門的に分析する力をつけることができます。人文科学と社会科学に関する多岐にわたる教育研究を通して、幅広い視野と探究力、そして豊かな人間性に基づいた責任感と倫理観を持ち、独創性と柔軟性をもって対応できる人材を育成します。どんな授業があるかさらに知りたい人は、人文社会科学部シラバスwebサイトにアクセス!先生が学生の相談や発言に親身に対応してくれます。社会文化システム研究科1年岩崎恭太経済学史演習市民が作る新しい福祉・まちづくりのあり方を考える。担当教員●下平裕之教授最近多くの国や地域で、NPOや社会的企業など新しい組織が急速に拡大しています。これは従来の政府が国民の福祉に関わる政策を一元的に担う制度から、市民が協働しながら諸問題に対応していく新たな社会を構築していく制度への転換を示しています。この演習では私たちにとって身近な福祉とまちづくりの問題を中心に、市民協働社会のあり方を考える経済思想や理論を学ぶとともに、自ら主体的に課題に取り組む姿勢や力を身につけることができます。Yamagata University 37