ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
40/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている40ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

地域教育文化学部津留俊英准教授|応用光学つるとしひで|准教授。山形市出身。学習院大学大学院自然科学研究科物理学専攻博士前期課程卒業、博士(理学)。アプライドマテリアルズジャパン勤務。学習院大学理学部助手、東北大学多元物質科学研究所助教を経て、現在に至る。我々は物体を光で照らした時にキラリと反射する光の色や明るさからその形状などを認識しますが、ミツバチなどのように光の偏りを検知する“偏光眼”を持った生物はさらに多くの情報を得ることができます。人間も“ハイディンガーのブラシ”として知られる直線偏光を見分ける能力を持っていますが、その能力は生物に遠く及びません。我々はこの偏光に着目して、物体の形状や物質の屈折率などを精密に計測する装置の開発を目指して研究しています。原理の考案、設計、機械加工、制御プログラム作成など新しい装置を作るためには様々な技能が必要です。完成形を頭に思い描きながら道筋を考え、また、必要な技術を習得します。いくつもの困難を乗り越え、皆で議論しながらアイデアを一つの形にすることはとても楽しい作業です。考案した手法や完成した装置が社会の役に立つことを願いながら日々研究に取り組んでいます。学生より一言先生は学生の興味にあった授業をしてくれます。またゼミは、人数は少ないですが色々な話をしたりスポーツをしたり、自由で楽しい雰囲気です。/4年石川ひかり38