ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
42/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている42ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

パフォーマンスの向上に貢献するスポーツ動作のサイエンス。井上功一郎講師|スポーツバイオメカニクスなぜ、あの人は高くジャンプできるのか?なぜ、あの人が投げるボールは速いのか?そんな疑問に答えるのがスポーツバイオメカニクスの研究です。スポーツバイオメカニクスでは、動きをスローで記録するハイスピードビデオカメラや、筋活動や力を計測する各種センサーを用いてデータを取得し、動きの定量化を正確かつ詳細に行ないます。そして、そのデータを力学や生理学、解剖学などの知識と合わせながら分析し、競技力が高い選手(スポーツが上手な人)の動きの特徴を明らかにすることで、パフォーマンス向上の鍵を探ります。また、個々の動きを評価し、課題を見つけることで上達の手助けをすることもできます。スポーツを科学的に探求する面白さや、論理的に理解する大切さを知ってもらえる研究室づくりを心がけています。学生の皆さんには、スポーツの実践と科学的な理論の橋渡しができる体育・スポーツの支援者として将来活躍して欲しいです。いのうえこういちろう|講師。岐阜県出身。中京大学体育学部卒業。名古屋大学大学院教育発達科学研究科博士課程前期課程修了。同後期課程単位取得退学。博士(教育学)。國學院大學人間開発学部助手を経て、現在に至る。学生より一言私たちの研究に対して自由に探究させてくれ親身にサポートしてくれる先生です。初心者にも一から教えてくれるため卒業時には習熟した知識を得ることができます。/4年鈴木亮40