ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
48/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている48ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

生き物のつながりから植物の進化を探る。横山潤教授|多様性生物学よこやまじゅん|教授。茨城県出身。筑波大学生物学類卒、東京大学大学院理学系研究科博士課程中退、博士(理学)。東北大学大学院生命化学研究科助手、山形大学理学部生物学科准教授を経て、現在に至る。移動する能力を持たない植物は、他の生き物に頼って生活をしています。その中には、繁殖に直接関係する花に訪れる昆虫や、地下で栄養摂取に関連する菌類など、植物の生活に欠かせないものも沢山います。これらとの関係性で植物は進化をしていて、その様子を明らかにする研究を行っています。植物だけではなく、他の生物にも関わりながら研究するのは、大変ですがそれだけ魅力も実りも大きいものです。学生さんの研究テーマは、個人の興味を第一に考えて選ぶことで、主体的に取り組めるように心がけています。ネガティブな結果から生まれる発想もありますので、その点も大事にしたいと思っています。学生より一言授業では動物と植物の共進化に関する多くの研究例が紹介され、非常に面白いです。研究室では先生や他の学生と生物や研究内容などの様々な話題について楽しく話しています。理工学研究科(理学系)2年猪越隼46