ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
51/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている51ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

わからないところがわかるようになるとうれしいです。習ったことがたまに出てきて楽しいです。Scilabを用いたPC上での複雑な数値計算はとても興味深い授業です。4年荒井慧哉3年内田啓介数理統計入門現象と理論のずれを議論する。担当教員●富安亮子准教授生態学Ⅰ複雑な生態系のしくみに迫る。担当教員●富松裕准教授計算数学Ⅱコンピューターを使う科学計算の数学基礎を築く。担当教員●方青教授生態系では、光合成によって有機物を生産する植物、植物を餌としたり、花粉媒介を担う動物、落ち葉を分解する微生物など、多様な生物の働きによって成り立っています。このような生物の役割や種間関係を学ぶことで、全体を俯瞰して考える力が養われます。確率分布や仮説検定などを学び、日常の様々な現象に統計を適用する力を身につけます。題材は、種々の資格取得に必要な試験問題を解く力を養うだけでなく、アンケートや実験データを扱うといった実用的な面でも役立つよう選んでいます。生態系の現象は時に複雑で、内容が難しいこともありますが、学び、考え、理解する過程は楽しいものです。4年佐藤莉咲科学計算において、大規模線形システム・非線形方程式・数値積分などの数値解法を導く数学的な考え方を学ぶと同時に、数値アルゴリズムをプログラミング言語で実装する能力を身に付けます。これにより、様々な分野で新しい計算方法を開発できることが期待されます。豊かな人間性と社会性を備え、幅広い教養と汎用的技能を身につけ、専門分野の知識と技能をもって科学・技術の急速な発展に柔軟に対応し、イノベーションを生み出す創造性を育成します。どんな授業があるかさらに知りたい人は、理学部シラバスwebサイトにアクセス!授業時間以外の学習も大事になる授業で、とても忙しいですが、楽しく充実した授業です。3年本田香穂理化学実験Ⅳ有機化学の実験を通じて、実験操作と分析方法を理解する。担当教員●近藤慎一教授化学は物質を実際に扱いますので、学生実験は重要です。化学実験Ⅰ~Ⅵの6つの実験で、基本操作、分析化学、無機化学、有機化学、物理化学、生物化学の各分野について操作方法と関連する機器分析技術を修得します。実験Ⅳでは4種の化合物を合成し、精製によって純粋な物質を取り出します。得られた生成物について機器分析などを用いて、純度やどのような物質かを確かめます。将来、化学分野で活躍するための基礎技術を身につけることができます。Yamagata University 49