ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
56/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている56ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

夢の数だけ、ヒーローがいる!北中千史教授|腫瘍分子医科学、基礎腫瘍学きたなかちふみ|教授。福島県出身。東京大学医学部卒業、同脳神経外科学教室に入局し脳外科医として研鑽を積む。脳神経外科専門医となった後国立がんセンター研究所にて脳腫瘍研究を開始。常識破りの発見を契機に基礎医学者への転身を余儀なくされ、そのまま現職に至る。私は「遊びの数だけヒーローがいる」という昔のCMコピーが大好きです。一人一人がみな何かのチャンピオンになって、お互いに尊敬しあえる関係っていいですよね。私は脳腫瘍の専門家として悪性脳腫瘍の再発を防ぎ根治を実現するための研究をしていますが、動物レベルとは言え人類史上初めて悪性脳腫瘍の再発予防に成功しています。でも、私が真似できないような素晴らしい研究をしている人たちが研究の数だけこの世には存在します。“夢”中になれさえすれば、誰にでもヒーローになれる研究がある。世界で自分にしかできない医学研究を通じて人類を幸せにしたいという夢がある人の夢の実現をお手伝いするのが私の最大の喜びです。研究以外でも、ギリギリ入学した山大医学部生の「米国医師国家試験に最高スコアで合格したい!」という大胆な夢の実現をお手伝いしたこともあります。夢中になって奇跡を起こしてみたい人の入学を心待ちにしています。学生より一言臨床医こそ研究で観察力と論理力を磨け!という先生の持論に共鳴し6年時から研究室にお世話になり、今医師としてその大切さを実感しています。/医学系研究科2年佐野町友美54