ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
57/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている57ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

女性に寄り添う専門職、助産師。妊娠・出産・育児を支援し、次世代へつなげる。藤田愛准教授|助産学、母性看護学助産師は、子どもが健やかに生まれ育つ基盤である妊娠・出産・育児に直接かかわる専門職。母親と子どもを支援することは、次世代の健全な育成につながる魅力的な職業です。そのため、母子の命を預かる責任はとても大きいです。授業では専門的で高度な助産の技術と常に女性に寄り添う支援の大切さを伝えています。研究では、思春期から更年期の女性の健康問題を取り上げ、女性の健康生活の質の向上に貢献できるテーマに取り組んでいます。近年、胎児の時の栄養環境が大人になった時の慢性疾患リスクに影響する(DOHaD説)報告や低出生体重児の増加と妊婦のやせが問題となっています。私たち助産師は、妊婦を取り巻く食環境や生活環境にも目を向けていかなければなりません。助産学実習では10例のお産をとります。つまり、10人のお母さんと赤ちゃんから貴重なメッセージをいただきます。学生の皆さんには、臨床での気づきを大切にし、一緒に、健全な次世代をつなげる役割を担ってほしいと思います。学生より一言臨床に即した助産の知識や技術、ハイリスク分娩への対応、助産診断を学びます。仲間と切磋琢磨し、先生に丁寧に指導していただき実践力を養うことができます。/2017年度卒業小野沙織ふじためぐみ|准教授。宮城県出身。東北大学医療技術短期大学部看護学科卒業、東北大学大学院医学系研究科博士課程修了、博士(医学)、一般病院産科、助産院開業後、山形大学医学部看護学科助手、東北福祉大学講師を経て、現在に至る。Yamagata University 55