ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
64/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている64ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ロボティクスが地域を変える、サイエンスを変える、未来を変える。妻木勇一教授|テレロボティクス私の専門はロボットを遠隔操作するテレロボティクスという分野ですが、近年は、「テレロボティクスの追求」、「サイエンスへの貢献」、「地域への貢献」という3つの柱を中心とした研究・開発を行っています。具体的なテーマは、ウェアラブルな人型アバター、マッコウクジラ用ローバー、さくらんぼ自動収穫ロボットなどです。いずれも挑戦的な研究テーマですが、高度な機械設計技術、システム化技術、ヒューマンインタフェース技術を駆使して取り組んでいます。実地での検証が重要なので、寒河江の園芸試験場に通ったり、粟島や小笠原諸島まで出かけることもあります。限られたスケジュールの中、慣れない現地で想定通りに試作機を動かすためには、研究室レベルで相当の準備が必要です。学生達には今の実力よりも高い目標を掲げて、挑戦するよう話しています。そういった経験を通して、学生達が逞しく成長していくのを目の当たりにしているからです。つまきゆういち|教授。東北大学大学院工学研究科精密工学専攻修了、博士(工学)。三菱電機(株)鎌倉製作所、東北大学工学部機械航空工学科助手、弘前大学理工学部准教授を経て、現在に至る。学生より一言学生が主体性をもって考える力を養える研究室です。幅広い知識と論理的な考えに基づくアドバイスを頂けるので、自信をもって研究を行えます。/2017年度卒業有賀智理62