ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
71/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている71ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

菊池俊一准教授|森林影響学僕の研究室には学生だけでなく、森づくりや保全に関わる市民も集う。奥山の厳しい山岳環境から、かつては地域社会と密接な関わりを持っていた里山、さらには陸域の最前線で海に面する海岸林まで。標高も植生も所有者も多様だが、共通点がある。その多くは手入れが行き届かず、荒れている。そのような森を前に市民は動き、働きかけ、あるべき方向へ動かそう(導こう)としている。僕らは専門家としてそれを調べ、仮説を立て、現場で実証実験を行い、保全と修復に関する技術的課題を解こうとする。それぞれの段階において市民との協働がある。人々が連携して取り組むことにより、森が少しずつ、少しずつ動いている(変わっている)ことを今、実感している。学生より一言菊池先生は学生思いの先生です。研究や学生生活、将来の事など何でも相談にのっていただいています。学生と先生の距離が近いところがこの研究室の良いところだと思います。/農学研究科2年田中元久きくちしゅんいち|准教授。青森県出身。北海道大学農学部林学科卒業。北海道大学大学院農学研究科博士課程中退、博士(農学)。北海道大学農学部助手、北海道大学大学院農学研究院助教を経て、現在に至る。Yamagata University 69