ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
73/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている73ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

山形県をフィールドに、食料や農業に関わる地域の課題解決を目指した研究。藤科智海准教授|農業経済学研究室の学生には、自ら興味を持ったものを卒業論文のテーマにするように指導しています。自ら課題を見つけて、その解決に近づくための研究計画を自ら立てて研究を進めさせていくことが、これからの人生において役に立つと考えているからです。地域の課題を直に感じさせるために地域のフィールドに学生を連れ出すとともに、視野を広げさせるために視点の異なる5誌の新聞から情報を拾い出すゼミを実施しています。これらは、食の6次産業化プロデューサーやニュース時事能力検定などの資格取得にもつながります。学生が自ら見つけ出した最近の研究テーマとしては、畜産農家と稲作農家の耕畜連携、学校給食への地場産農産物供給、農産物直売所における農村女性の活躍、インターネットを活用した農産物販売、果樹複合経営における醸造用ぶどうの導入などがあります。非常に幅広いテーマですが、どれも私自身の視野を広げることにもつながる面白い研究です。ふじしなともうみ|准教授。埼玉県出身。山形大学農学部卒業、山形大学大学院農学研究科修了、岩手大学大学院連合農学研究科修了、博士(農学)。(社)食品需給研究センター研究員を経て、現在に至る。学生より一言学生との対話を重視してくれる面倒見の良い先生です。自分のやりたいことができ、考える力とコミュニケーション能力を伸ばせる研究室です。/2017年度卒業梅津太一Yamagata University 71