ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
87/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている87ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

総合法律コース社会で役立つ法的思考力を鍛えます。・法学部と同様の体系的な法学教育プログラムを通じて法的リテラシーと法的思考方法を身につけます。・他コース・他学部との相補的な連携による学際的な教育プログラムを実施します。・法律専門機関・団体・企業との連携・協力による実践的な演習科目を通して、社会のさまざまな課題に対し、法的な視点を活かして解決する力を身につけます。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な分野憲法憲法は、国家による権力行使を制限し、国民の権利を保障する基本法です。2年次は、日本国憲法に関する基礎知識や代表的な裁判例を勉強し、法的思考の初歩を身に付けます。3年次は、より発展的な憲法問題や最新の裁判例の検討を通じて、法的思考の実践力を鍛えます。公務員試験や法科大学院進学への対策にもなります。行政法行政法という名の法律は存在せず、そのかわりに、存在する多くの行政関係法令を対象として研究するのが行政法学です。そこでは、それら法令に共通する原理原則、民事法や刑事法との異同、行政の諸行為形式、行政手続、情報公開、あるいは、行政の活動によって私人が不利益を被った場合の救済手続等が研究対象となります。刑法刑法は、犯罪の成立が認められるためにどのような要件が必要なのか、国家が犯罪者に対して刑罰を科すことは何故に正当化されるのかなど、犯罪と刑罰に関する問題を扱います。刑事法基礎1では刑法の基礎的事項について学び、さらに刑法1・2および刑法3・4では具体的な事案を適切に解決する能力の涵養を目指します。理学部刑事訴訟法民法商法医学部刑事訴訟法は、犯罪事実を確認して刑罰を科する刑事手続を規律する法令です。刑事手続では、刑罰を実現する国家の利益と被疑者・被告人の人権との調整が問題になります。刑事法基礎2では刑事手続の基礎的事項について学び、刑事訴訟法1・2では刑事手続で生じる主要論点をどのように解決すべきかについて学びます。民法は、私人間の法律関係(財産・家族)を規律する一般法です。2年次からは民法基礎として民法総則、物権総論、契約法、不法行為法を学ぶことにより、民事系科目の基盤となる知識を獲得できます。3年次からは民法展開として担保物権、債権総論の講義等を通じて、法規範を実務に適用できる力を身につけることができます。「商法」という分野は、経済活動の中心的役割を担っている企業についての法律です。総合法律コースでは会社の組織運営などについて規定している「会社法」や、それらの取引についての「商法」などについて学ぶことができます。企業だけでなく、様々な組織の運営や活動のあり方について考える基礎を習得することができます。工学部労働法経済法国際取引法会社(使用者)と働く人(労働者)の間の労働をめぐる法律を学びます。たとえば、労働基準法、労働契約法、男女雇用機会均等法などです。労働法の授業では、バイト先から急にクビと言われたら?という身近な問題から、なぜ日本人は過労死するほど働いてしまうのか?といった大きな問いまで、幅広く考えていきます。価格協定や入札談合、不公正な取引方法などに対する、独占禁止法による法的規制を中心とする分野です。独占禁止法は、事業者間の公正かつ自由な競争を促進して、市場メカニズムを健全に維持することを通じて、消費者の利益と国民経済の民主的な発達を促進することを目的とする法律です。国際取引法は、企業が貿易取引・海外事業経営・国際取引紛争処理などをする際に関連する法律ですが、グローバル化が益々進む企業活動に不可欠な国際取引法を体系的に学ぶことができます。また、演習では国際取引の模擬裁判や模擬交渉を行うので、実社会で役に立つ問題解決能力や交渉力を身につけることができます。農学部国際法法哲学教育法国際法とは基本的には国家間で締結される条約や慣習法(不文法)を指します。そうした様々なルールを学び、国際法による平和の実現、国際犯罪の防止、地球環境の保護、人々の人権保障、世界経済の発展、国際連合などの国際組織の役割といった問題について考えます。国際法を学ぶことで世界を見る眼を養うことができます。多種多様な価値観や生き方が存在する現代社会において人々の共生を可能にするための一つの重要なツールとして法があります。憲法、民法、刑法、国際法といった各法律科目の基礎を習得しつつあることを前提に、法哲学では「そもそも正義とは何か」、「不正な法にも従わなければならないのか」といった問題を考えていきます。教育に関する法的問題を考える授業です。学校教育をめぐっては、小中高校で使う教科書の検定は憲法に違反しないか、教師の教える自由の制限はどこまで許されるか、学校でのいじめや体罰は子どもの人権侵害にならないのかなど、様々な問題が生じています。身近な教育法問題を専門的に考え、解決策を模索します。Yamagata University 85