ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
89/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている89ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

経済・マネジメントコース経済と地域の発展を担う人材を育てます。・経済学と経営学に加えて、法律・政治などと経済社会の関連を学べるカリキュラムを開設します。・実践的な演習科目を用意し、地域企業の抱える課題の解決力や起業を通じた地域ニーズへの対応力を身につけます。・学際的な履修プログラムを用意し、法律の経済分析、社会制度・政策設計など地域経済課題に対応できる力を身につけます。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な分野経済政策論「経済政策」というとその範囲は多岐にわたりますが、「経済政策論」の授業では、特に財政政策や社会保障政策に焦点を当て、日本の財政・社会保障の特徴、現状の制度、政策的な課題、その歴史的経緯などについて学びます。その中で近年の政策的な課題が生じてきた過程、その対策などについて考えます。マクロ経済学マクロ経済学は、一国全体の経済活動を分析対象にした学問です。「一国全体の経済活動」は、国内総生産(GDP)、失業率、消費者物価指数に代表される物価指数といったもので測られます。マクロ経済学では、これらがどう決定されるかを、図や数式で構成される「マクロ経済モデル」を通じて考えていきます。経済原論経済原論1、同2では、資本主義経済の基本的な仕組みを学びます。例えば、商品の価値と価格、貨幣と資本との違い、賃金労働と剰余の発生、利潤の再投資、信用制度(信用売買、銀行)や商業資本など。また、資本主義経済の発展、例えば大企業体制(株式会社)、管理通貨制度、戦後ドル体制などについても学びます。理学部経済史統計学金融論医学部長期的な視野で経済社会の構造と変化の要因を学びます。「日本経済史」では日本の経済発展の歴史的条件と特徴について他国と比較しながら考察します。「グローバル経済史」ではアジアを含む世界全体の経済構造とその変化の背景について検討します。各演習では歴史資料の調査法を身につけ実証的に経済史を研究します。現在の社会ではデータを分析した結果に基づいて意思決定することが要請されています。そのために統計学の知識は欠かせません。統計学1・2ではデータ分析の基礎、つまり、データに基づいて仮説を検証する方法や推定方法等の基礎を学びます。さらに経済学への応用等を詳しく学びたい学生には計量経済学1・2が用意されています。お金の貸し借りである金融は、しばしば経済の「血液」と例えられるように経済の安定・発展に欠かせない重要な活動です。金融論では銀行の機能や企業の資金調達といった金融の基本的な仕組みをまず具体的に学びます。その上で公的な資金の流れがもたらす問題や地方への資金の流れを作る試みについて考えていきます。工学部財政学経営学会計学財政学では歳入と歳出とに分けて、財政に関する経済理論を学びます。歳入については、租税や公債による財源調達のあるべき姿を財政の持続可能性から検討します。歳出については、所得再分配、景気安定化、社会資本整備のあり方を検討し、政府が政策の運営に失敗してしまう「政府の失敗」を解説します。経営学では、企業をはじめとするあらゆる組織(企業、政府、非営利組織)の目的の設定とその達成のための企画・運営・管理・成果確認・改善などの組織活動に関する知識の全般についての学問です。特に、人、モノ、カネ、情報などの資源を組織に投入し、製品やサービスなどの価値を社会に提供することについて学びます。複式簿記の構造にもとづいて行われている現行の企業会計について学びます。具体的には、企業における経済事象の発生を複眼的に認識・測定し、記録した内容にもとづいて決算財務諸表などの会計報告書を作成するという一連のプロセスについて、その理論的構造を理解し、会計処理をする実践的作業を行います。農学部ミクロ経済学ゲーム理論環境経済学ミクロ経済学の主要な概念や考え方を段階的・体系的に学びます。ミクロ経済学1では資源配分や市場メカニズムについて、ミクロ経済学2では家計や企業の経済行動について学びます。これらの講義で学んだ内容をさらに発展させ、家計や企業の経済行動の応用的分析や複数の市場の相互依存関係などをミクロ経済学3で学びます。ゲーム理論は競争や対立・協調といった人々の間の相互依存関係を分析する分野です。ゲーム理論は環境問題や特許問題、国同士・企業同士の争い、制度設計といった社会的問題のみならず、生物学等の理系分野にも応用されている、幅の広い学問です。また、心理学と結びついた行動経済学という分野とも密接な関わりがあります。ミクロ経済学で学んだ内容を環境問題に応用して、環境問題の本質を学びます。また、導入されている環境政策や今後必要となる環境政策について学びます。具体的に取り扱う環境問題は、1地球温暖化問題、2廃棄物問題、3大気汚染問題です。さらに、ゲームを通して、環境政策の制度設計および経済主体の行動を学びます。Yamagata University 87