ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
97/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている97ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

数学コースカリキュラム科学の進歩の土台となる数学的思考力を磨く。「読み書きそろばん」という言葉にあるように、読み書きを伴って数を正しく扱うことはとても大切なことです。数学は、諸科学にとって必要不可欠な言語と認識されており、数学としての発展、そして他分野への応用が絶えず展開されています。正に、現代の学術、産業を支える学問分野とも言えます。本コースカリキュラムでは、代数学、幾何学、解析学、応用数学について学びます。数学的思考力を磨き、更に高度な専門力を身につけることが求められます。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な内容集合と位相ユークリッド空間における具体例を用いて、位相空間、コンパクト性、連結性を学びます。集合と位相の高度な数学的抽象化の理解を深めることが目的であり、位相や連続写像、コンパクト性、連結性などの基本的な概念を説明できること、抽象化された理論と具体例との関係を調べることができるようになることを目標としています。微分積分多変数の積分について、理論と計算方法を理解することを目的としています。具体的には、重積分、累次積分、広義積分、変数変換、体積、曲面積を理解することです。多変数の積分について、基礎的定理とその証明を説明できること、重積分、累次積分、広義積分、変数変換、体積、曲面積の計算ができることが目標です。代数学基本的な代数構造である環の概念や性質を理解し、整数環や多項式環においてイデアルや剰余環の例が計算ができるようになることを目的としています。曲線および曲面における長さ、面積、曲率などの幾何学的量の定義および諸性質を理解できること、与えられた図形の幾何学的量を具体的に計算できることが目標です。理学部医学部解析学確率論幾何学複素関数の微分と積分に関する基本的な概念や性質を理解し、具体的な計算ができるようになることを目的としています。知識面では、複素数、複素関数、複素微分、複素積分に関する基本的な性質を記述できること、技能面では正則関数、有理型関数の具体例について、微分や積分の計算ができることが目標です。確率論や統計学を学ぶための数学的な準備として、数理統計の復習を行い、測度、可測関数、積分の基本性質や確率論の諸概念を理解することを目的としています。確率論の基礎概念や事項を習得すること、測度の基本性質が正しく使えること、積分の基本性質や定理が正しく使えることが目標です。微分積分、線形代数をもとに、曲線と曲面の微分幾何について学習します。1曲線および曲面における長さ、面積、曲率などの幾何学的量の定義および諸性質を理解できること、与えられた図形の幾何学的量を具体的に計算できることが目標です。工学部数理統計学現代社会において、データの統計的考察の需要は分野を問わず増加しています。本講義では、ポワソン分布、正規分布、カイ二乗分布といった様々な確率分布の性質と、それが統計学においてどのように利用されているかという点について学び、数理科学の応用の一端に触れることを目的としています。数学文献講読代数学・幾何学・解析学に関する文献講読を行います。基礎的な内容から始めて専門書を読めるようになることをめざします。数学の専門書・専門分野の論文・教科書を読むことができることが目標です。数学特講現代数学の先端的研究について、テーマを絞って研究背景や現在取り組まれている研究課題等に関する講義を集中的に受講する事により、専門的知識をより深く学ぶ事を目的としています。同時に、必要となる基礎的知識をあらためて身につけ、その応用方法の修得も目的としています。農学部Yamagata University 95