ブックタイトル出会う。| 山形大学 大学案内 2019

ページ
99/150

このページは 出会う。| 山形大学 大学案内 2019 の電子ブックに掲載されている99ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

出会う。| 山形大学 大学案内 2019

化学コースカリキュラム物質と生命の根源を探求・解明する。化学分野の体系的な理解と科学的探究心・展開力を身につけるため、基礎からイノベーション創出にもつながる幅広い専門科目を中心にした講義・演習・実験が整備されています。本コースカリキュラムでは、これらの科目を自主的に組み立てて学修することで、様々な物質の性質や機能の本質について原子・分子レベルから理解できる基礎力が培われます。さらにその発展的学修として、新物質・新機能の創出、生体機能の理解や応用、物質生命科学の真理探究などに挑戦できます。人文社会科学部地域教育文化学部■学べる主な内容無機化学無機化合物とウェルナー型金属錯体について総合的に(命名法と構造について・電子構分析化学機器を用いた化学的分析は研究を進める上で必要なツールとなっています。しかしなが物理化学化学反応速度論の定量的な扱いおよび、現代化学の重要な基礎である量子力学の基礎理学部造について・電子スペクトルについて)説明ら、機器を単なるツールとしてだけ捉えてしについて、専門的な知識を得る事を目的としできるようになるため、元素の性質、分子結まうと、大切な情報を見落とし、誤りをおかします。化学反応速度式を解く事ができること、合、金属錯体の構造と性質について、体系てしまう事があります。本講義では、種々の量子力学の基礎的事項について説明ができ的・理論的に学習します。更に、原子・分子機器分析法について原理から応用までを深くること、原子内の電子配置について説明がで軌道理論にも触れることで、その電子構造や理解し、今後の研究活動を適切に行うためのきること、分子軌道について説明ができるこ化学結合についても学習します。基礎知識を身につけることを目標とします。とが目標です。医学部有機化学生物化学無機化学実験有機化学の基本的な考え方、脂肪族化合物酵素の触媒機構、DNA、RNA、タンパク質遷移金属錯体に関する実験を行います。主にの性質や反応性を解説します。有機化合物の生合成機構、遺伝子工学・タンパク質工水溶液中で合成できる遷移金属錯体を取り上における混成軌道、立体配座、共役に理解し、説明できること、有機分子の安定性について理解し、酸性度や塩基性度について説明でき学技術の基礎を理解し、生命現象を化学反応として理解することを目的としています。酵素の触媒機構や、酵素の反応速度論、DNAげ、その合成、性質、反応、解析を通じ、実験器具や機器の取り扱い・操作法の習熟を図ります。また、班毎に課題を与え発表会を実工学部ること、カルボニル化合物の反応について理の複製、RNAの転写とその制御、タンパク施し、遷移金属錯体の合成・性質・反応の解し、説明できること、立体化学についての質合成機構、遺伝子やタンパク質を扱った実理解を深めると同時に、プレゼンテーション能概念を理解し、説明できること、ハロアルカ験技術について説明できることが目標です。力・コミュニケーション能力の向上も図ります。ンの反応について説明できることが目標です。農学部生物化学実験有機化学実験化学特講細胞機能を制御する生体分子への理解を深有機化合物の合成ならびに、分光学的手法化学の最前線の研究動向に関する広範な知めるため、DNAやタンパク質分子に焦点をを用いた解析についての理解を目指します。識を獲得することを目的としています。化学あて、それら生体分子の分析方法および遺様々な有機合成実験を通じ、講義で得た知の特定の分野に関する学術的背景・動向・伝子組み換え実験等の生物化学実験の基礎識を再確認し、さらに実験器具の取扱い方に先端研究に関して説明できるようになることを習得することを目的としています。遺伝子対する習熟を図ります。また、化合物の帰属が目標です。組み換え生物(大腸菌)を安全に取り扱うこ同定に必要な機器分析(核磁気共鳴、赤外とができることを目指し、遺伝子組み換え実吸収、及び紫外吸収)法に対する理解を深め験の手順の説明ができ、安全に実施できるこることが目標です。とが目標です。Yamagata University 97