キーワード「住」

Q1.アパートや下宿等の紹介サポートなどはありますか?

新入生の方への住いの紹介

先輩学生(アドバイザー)が、新入生ご家族と一緒に相談に応じ、下見や説明まで行います。アパート下宿の契約は生協の宅建士が行います。また、新入生サポートセンターを3月に開設し(推薦合格の方には12月から開始します)アパートの相談、下見案内を先輩学生がアドバイザーとして最初からお相手いたします。はじめての一人暮らしの経験を聞くことができます。また大学での勉強や部活等の経験 も聞くことができて、不安の解消になります。新入生サポートセンターは小白川キャンパス(全学部対象)、米沢キャンパス(工学部 フレックスコース、3年次編入)で運営いたします。

移行生の方への住いの紹介

山形大学は工学部(フレックスコース除く)、医学部、農学部の2年生から、キャンパスが変わります。そのため住み替えが必要となる場合があります。この住み替えのお手 伝いのため生協では米沢、鶴岡のアパート見学バスツアーを毎年春と夏に開催します。このバスツアーは貸し切りバスで、工学部Aコースの方は米沢へ、農学部の方は鶴岡へアパート見学会を行います。この見学会には生協職員が同行し、現地では乗用車に分乗してアパートを見学します。実施時期は工学部が5月、農学部が8月です。実施時期早いためこのアパート見学した後に入居予約いただき、正式なアパートの賃貸契約は毎年11月以後に行います。医学部の方はご本人の都合に合わせて医学部キャンパスの周辺のアパートを生協で案内しております。

アパート下宿情報の提供

見やすいパンフレット(サポートブック)を作成し、本人だけでなくご実家に郵送して、保護者の方にも情報が伝わるようにしています。またHPでも米沢市、鶴岡市、山形市飯田周辺のアパート情報を探す事ができます。

山形大学生協 住まい・共済

Q2.アパートの家賃はいくらぐらいですか?

山形大学小白川キャンパス周辺のアパートの家賃は、もちろん部屋の間取りや広さによって値段が上下するのですが、おおよそ4~5万円辺りが人気です。平均3.5万円! ただし、安いのもいくらでもあります。

Q3.山形大学の寮について教えて下さい。

山形大学ホームページ内に、「学生寮情報」のページがありますので、こちらをご覧ください。

山形大学 学生寮情報

山形地区学生寮の入寮選考の方法についてですが、入寮選考については,風水害等の被害に遭われたなどの特別な場合等を除き,父と母(父母両方ともいない場合は,父母に代わって家計を支えている方)の年間総所得額から,特別控除(兄弟姉妹等の就学者控除など)を行った上で,家計評価額(控除後の年間総所得)を算出し,その低い順から入寮を許可することになります。なお,大学から自宅までの距離等は,選考要件には入れません。また,山形市内に自宅がある場合は,原則として入寮できません。

参考(昨年度の選考状況)

昨年度は山形地区の各寮とも募集人員の2~3倍の入寮希望者があり,父母等の年間所得が多い方は不許可となっております。

8つのキーワード