国際農業経済学特論
 Special Lecture on International Agricultural Economics
 担当教員:金 成学(KIM,SungGaK)
 担当教員の所属:農学部食料生命環境学科食農環境マネジメント学コース
 開講学年:1年,2年  開講学期:後期  単位数:2単位  開講形態:講義
 開講対象:  科目区分: 
【授業の目的】
日本農業・食料問題に影響を与えている米国、中国、韓国などの海外の農業・農業政策の現状とWTO、EPAなどの農業政策の国際的枠組、さらに開発途上国の農業・経済問題を解説する。発展途上国の多くは、未だに急速な人口増加に農業・食糧生産が追いつかない状況が続いている。そのため、発展途上国への農業協力は、途上国農業のみならず経済全般に大きな影響を与えるものである。授業では,世界の人口・食糧問題の観点から先進国と途上国農業の現状を把握し、世界農政のあり方について考える。

【授業の到達目標】
海外の農業・農業政策の現状とWTO、TPP,EPAなどの農業政策の国際的枠組、さらに開発途上国の農業・経済問題をより深く考えるようになる。

【授業概要(キーワード)】
農業と経済、WTOと世界農政,開発経済

【授業計画】
・授業の方法

・日程
「世界農業政策の枠組み」
1 世界の人口と食料問題
2 WTO体制と農産物自由化
3 FTA・EPAと世界農業

【学習の方法】
・受講のあり方

・授業時間外学習へのアドバイス


【成績の評価】
・基準
試験(50%)と出席状況、履修の態度(50%)に基づいて総合的に判断する。
・方法
試験(50%)と出席状況、履修の態度(50%)

【テキスト・参考書】
①トダロとスミス『開発経済学』国際協力出版会、第8版、2004年
②the world bank『Agriculture for Development』 the world development report2008

67122021-2017-16-61157