公共経済学特別演習
 Graduate Seminar on Public Economics
 担当教員:是川 晴彦(KOREKAWA Haruhiko)
 担当教員の所属:社会システム専攻
 開講学年:1年,2年  開講学期:後期  単位数:2単位  開講形態:演習
 開講対象:  科目区分: 
【授業の目的】
 公共経済学特論Ⅰ・Ⅱで学んだ内容にもとづいて受講生が興味のあるテーマを選択し,受講生自らが調査,検討した内容,および課題やその解決方法について報告してもらう。演習を通じて,現代社会が抱える課題を考察できる力を身につけてもらうことが目的である。

【授業の到達目標】
(1)ミクロ経済学や公共経済学の中級レベル以上の理論を理解できるようになる。
(2)理論的に,かつ,わかりやすく報告する能力を身につける。
(3)現代社会が抱える諸問題について,発生要因や解決方法を理論的に分析できる能力を身につける。

【科目の位置付け】
公共経済学における中級・上級レベルの理論を理解できる能力の育成を目指す。同時に,現実の経済問題の発生要因や解決方法を理論的に考察する能力の育成も目指す。

【授業計画】
・授業の方法
前半では,受講生の基礎知識や研究目的を考慮したうえで講読する文献を選び,公共経済学の主要な理論について受講生に報告してもらう。後半では,受講生が興味を持ったテーマについて,調査・研究した内容や課題の解決方法を報告してもらう。報告後に演習生どうしで討論を行う。
・日程
(1)ミクロ経済学や公共経済学の理論・・復習と確認
(2)余剰分析について
(3)受講生による報告および報告内容に関する討論
(4)教員からのアドバイス

【学習の方法】
・受講のあり方
具体的な受講のあり方については,受講生の基礎知識や研究目的を考慮しながら決定する。
・授業時間外学習へのアドバイス
具体的な学習方法については,受講生の基礎知識や研究目的を考慮しながらアドバイスする予定である。

【成績の評価】
・基準
(1)ミクロ経済学や公共経済学の中級レベル以上の理論を正確に理解できているか。
(2)理論的に,かつ,わかりやすく報告する能力を身につけているか。
(3)現代社会が抱える諸問題について,発生要因や解決方法を理論的に考察することができるか。
・方法
演習時に使用する文献の理解度,演習時の報告や質問内容を総合的に考慮して評価する。

【その他】
・オフィス・アワー
前期・後期 火曜日 16時30分から18時まで 是川研究室
上記以外の時間でも質問などを受け付けますので,学生便覧に記載の是川のメールアドレスに連絡してください。

10721036-2017-11-19544