【公共政策】8月7日、山形市内の公的機関視察見学(校友会支援事業)を実施しました。  2015/08/17

8月7日、公共政策スタディーズの学生14名が参加して、山形市内の公的機関を視察しました。
山形県庁、山形市役所、東北芸術工科大、山形県農業総合研究センターをめぐり、公的な機関のありようについて理解を深めました。

CIMG1542  CIMG1539  CIMG1530
山形県庁 ・・・ 応接室には、三島通庸から現吉村美栄子知事まで、歴代県知事の写真がずらり(右)。17階の展望室からは山形市内が一望できました(中)。

CIMG1560  CIMG1585  CIMG1551
山形市役所 ・・・ 市民が利用する窓口から直接働く職員の方が見えるつくりになっているのは、県庁との大きな違いです(左)。待ち時間に平和祈念の折り鶴を折る一同(右)。

CIMG1609  CIMG1600  CIMG1611
東北芸術工科大 ・・・ 公設民営型の大学で、設立には山形県が大きく関わりました。食堂は安くて美味(中)。映像学科棟のシアタールームでは、大学のプロモーション作品を見せていただきました(右)。

CIMG1614  CIMG1621  CIMG1661
山形県農業研究センター ・・・ センターの組織や業務についてご説明いただき(左)、米を精緻に調べる機器(中)や、試験栽培中の水稲を見学しました(右)。あの「つや姫」は、地道な研究の積み重ねのなかで、偶然うまれたとのことです。

本庁舎、大学、研究所と、さまざまな役割を持った公的機関の見学を通して、普段は市民や消費者として生活するなかで接している多くのことは、このような機関の仕事によって支えられているということを学んだ1日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です