事業内容

本事業の目的・目標を達成するため、以下の3つの重点的取組テーマに沿った取組を推進します。

テーマ1 企業構造・地域課題を踏まえた教育内容の評価と改善

産業界のニーズに基づいて、系統性を考慮したキャリア関連科目を開講し、一部は必修化を目指します。

学生からの授業評価及び産業界からの外部評価を実施して教育プログラムの質保証を推進します。

テーマ2 産業界と大学のニーズを踏まえたインターンシップの実施

インターンシップの事前・事後で調査を行うことで学生の能力の伸長を明らかにし、その結果と産業界のニーズと対応づけることで学習成果を可視化します。

多様な学習記録を分析することでインターンシップ中の活動と伸張する能力の関係性を可視化します。

「長期インターンシップ」及び「コーオプ教育」の実施に向けた調査・取組を進めます。

テーマ3 早い段階から「将来目標」「社会・企業」を意識させる正課外の取組

本学が定期的に開催している在学生と卒業生の意見交換会、企業見学ツアー、課外イベントでの企業等の講演等をさらに充実させ、より多くの学生がこれらのイベントに参加して実社会について学習できる体制を構築します。

正課と非正課の学習記録をポートフォリオやSNSに蓄積して初年次教育の段階から学生の将来目標と職業観の認知と醸成を促進します。