文部科学省 平成24年度 「大学間連携共同教育推進事業」採択事業

 

学生主体型授業にかかる「合同課題構想発表会」について

 

 「合同課題構想発表会」は、山形大学基盤教育(全学共通教育に相当)科目において、学生が主体的に学習活動を行う授業(学生主体型授業)を展開している複数の教員の授業から学生が集まり、自分たちの活動の目的・内容・方法等について、最終成果に向けた中間発表を合同で行うものです。卒業論文や修士論文での中間構想発表会に近いもので、学生および学生グループからの発表の後、質疑応答を行います。①発表準備、②会場に出席している他学生、教職員等からの質問、③質問への応答により、発表学生(あるいは学生グループ)のその後の学習活動がますます充実することを目指します。

 「合同課題構想発表会」は、FDネットワーク“つばさ”プロジェクト「東日本広域の大学間連携による教育の質保証・向上システムの構築」(文部科学省平成24年度「大学間連携共同教育推進事業」採択事業)の取り組みの一環です。本プロジェクトにご協力いただいています方々のみならず、FDネットワーク“つばさ”加盟校の方々、そして、一般の大学、地域の方々等にも広く公開しました。

当日は約100人の参加者の中で、熱意あふれる発表が行われました。

  

【日  時】

 平成25年6月7日(金) 16:30~18:00

 

【会  場】

 基盤教育1号館112教室

 

【発表授業】

 ・「キャリアデザインⅠ」(担当教員:松坂暢浩)

 ・「三代目  自分を創る」(担当教員:杉原真晃)

 ・「サイエンスコミュニケーションⅠ」(担当教員:栗山 恭直)

 

 

   

 

 

※ 平成25年8月1日(木)には、上記の「合同成果発表コンテスト」を行います。