ホーム > 大学紹介 > もっと見て!知って!山形大学 -実は○○なんです-

見て!知って!山形大学


視線は常に世界へ、山形の地で学ぶということ。

 山形大学の起源は、明治11年の山形県師範学校の創立。
 以来今日に至るまで、学問に憧れ、学問に励み、自分自身を磨く場所として、長く歴史を刻んできました。

 ここで育まれるのは、グローバルな知性と、それを地域に活かす力。
 あなたを包み込む山形の豊かな人と大自然。
 世界を見つめ、先端技術や知識に触れていく。

 山形大学だからできる、そんな学び方を選びませんか。

 「山形大学で学んで本当に良かった。」  そう言ってもらえることが私たちの願いです。

実は「とっても安心」なんです-山大生を支えるサポートシステム

☆もっと知りたい!

実は「とっても経済的」なんです-国立大学進学に必要な費用って?

 山形大学と首都圏私立大学では、4年間の進学にかかる学費と生活費の合計を比較すると
文系の場合:最大約650万円
理系の場合:最大約850万円
 
の差があります。

 住居区分 大学例学費生活費学費+生活費合計山形大学との差
 実家  山形大学 ¥2,425,200 ¥2,599,200 ¥5,024,400

 1人暮らし
(アパート・マンション等)

 山形大学 ¥2,425,200 ¥4,853,760 ¥7,278,960

首都圏私立大学
(文系)

¥4,526,000 ¥7,920,000 ¥12,446,000 ¥5,167,040

首都圏私立大学
(理系)

¥6,514,000 ¥14,434,000 ¥7,155,040
学生寮

山形大学

¥2,425,200 ¥3,717,120 ¥6,142,320

首都圏私立大学
(文系)

¥4,526,000 ¥8,160,000 ¥12,686,000 ¥6,543,680

首都圏私立大学
(理系)

¥6,514,000 ¥14,674,000 ¥8,531,680

※山形大学のデータは、「第52回(2016年)学生生活実態調査 山形大学データ集」より引用しています。
※首都圏私立大学のデータは、平成29年1月16日現在の大学HP・パンフレットを参考に記載したものです。
※教科書費用、諸会費、校友会費等を除いた金額です。
※4年間分の合計金額です。

☆もっと知りたい!

実は「とっても就職に強い」んです-出口を意識、全力バックアップ

 平成27年度卒業生の就職率は、どの学部でも98%を越え、医師・看護師などの国家試験合格率は全国平均を大きく上回っています
 企業訪問などの業界研究、時期に応じたセミナーの開催、オリジナル就職ハンドブックの配布など充実の就職支援制度。社会で活躍する14万人の卒業生1人1人が、輝かしい実績です。

就職&進学データ(平成27年度実績)

☆もっと知りたい!

実は「とっても最先端」なんです-ワールドクラスの研究チームが活躍中

ナスカの地上絵研究チーム

 ユネスコの世界文化遺産に登録されている「ナスカの地上絵」の学術研究に、人文社会科学部では2004年から取り組んでいます。長期にわたる現地調査のために、2012年にはペルー共和国ナスカ市に人文社会科学部附属ナスカ研究所を設立。動物の地上絵を40点以上、直線の地上絵も含めると300点以もの地上絵を発見しています。2015年には地上絵の保護と学術協定のために、ペルー文化省と山形大学の間で特別協定を締結しました。

プリンタブル集積回路研究チーム

 有機半導体材料を用いた集積回路技術は、柔軟性や大面積性に優れた特徴を有しており、従来の無機集積回路技術では実現困難な、社会のあらゆる場所に偏在化したエレクトロニクスを実現するキー技術として期待されています。食品ラップの10分の1という驚異的な薄さ・軽さのフィルム上にすべての工程を印刷によって有機集積回路を形成することに成功しました。この成果をコア技術として、生体情報を検知するバイオセンサへの応用展開を目指します。

実は「もっと伝えたい」んです-山形大学からみなさまへ