ホーム > 大学紹介 > 情報公開 > 学長選考会議

学長選考会議

 
 学長選考会議には、法令により当該国立大学法人の学長候補者の選考をはじめ、選考した学長の業務執行の状況について、恒常的な確認を行うことが必要とされています。
 これを受け、山形大学学長選考会議では、「国立大学法人山形大学学長選考会議規程」において具体的な審議事項を定めています。

学長の業務執行状況に係る中間評価結果について(平成29年3月27日)

 山形大学学長選考会議では、平成22年に学長の任期を6年にすることとした際に、学長の在任3年目に中間チェックを行うこととしており、平成26年4月の就任以来、3年を経過する平成29年3月に小山学長のこれまでの業務執行状況について確認を行い、中間評価結果をまとめました。

結果の公表について記者会見を行いました

 平成29年3月27日に開催した学長選考会議において、中間評価について審議を行い、確定した評価結果が有馬朗人議長から学長に伝達されました。中間評価結果の公表等を行った、同日開催の記者会見の様子はこちらをご覧ください。