ホームお知らせ小白川地区チューター説明会を開催しました

ホームお知らせ > 小白川地区チューター説明会を開催しました

【お知らせ】

小白川地区チューター説明会を開催しました


 チューター制度とは、外国人留学生が環境へ早期適応するために、学生アドバイザー『チューター』が、学習・研究・日常生活に関する助言・協力を行うものです。

 7月2日、意欲のあるチューターを広く募るために、小白川地区においてチューター制度に関する説明会を初めて開催しました。会場には、52名もの学生が集まり、チューターに関する関心の高さがうかがえました。
 説明会では、新宮小白川国際センター長の挨拶、チューター制度の概要説明に続いて、現在チューターをしている学生による体験談が紹介されました。
 田畑光佑さん(地域教育文化学部4年)は、チューターになるメリットとして、留学生との関わりを持つことができることや、日本を再発見できることなどを挙げ、チューター業務を終了してからも、担当した留学生とは友人としての関係が続いていること、また、田畑さんがチューターとして支援している、張 凱さん(留学生)は、履修科目の選択の際や、レポートの添削などで大変助かっていると話しました。
 石塚秋恵さん(地域教育文化学部4年)と顧 雅さん(留学生)は、インタビュー形式で、わかりやすくチューター業務について発表。具体的なチューター業務、活動日の頻度、チューターをする期間など詳しい説明を、活動時の写真を示しながら話してくれました。

 これから10月の短期留学生受入に向け、チューターを大募集しております。チューターマニュアル、申込書を準備していますので、興味のある方は、是非、留学支援担当窓口にお越しください。